続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

初心者が押さえておくべきシーバスルアー!おすすめメーカーと代表作をまとめてみたよ

      2017/03/30

最近もオフショアの釣りを始めてみたりして思うのですが、新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、

『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、といったところが実はいまいち分からないこと。』

今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何がなんだか..。

ルアーひとつとってもメーカーのコンセプトなどを知って、思い入れが出来ると楽しさが変わります。

ルアーフィッシングなんだから、ルアーについての知識はあった方が楽しいのだ!

ということで、シーバス初心者のみなさま、一緒に勉強して、お気に入りを見つちゃいましょう。

アイマ(ima) アムズデザイン

ソルトルアー業界の有名メーカー。
http://www.ima-ams.co.jp/

シーバスを始める時に、名前を知っていたのがここだけだったので、中古でアイマのルアーを見つけたら取り敢えず買っておけみたいな感じでいくつか揃えた思い出があります。

シーバスのリップレスミノーを流行らせたのがアイマらしいですね。看板となっているルアーは安定した釣果が報告されてます。

今や、ラインナップが増えすぎて、中にはゴミルアーもあるみたいですが、メジャーなメーカーなので、私と同じようにアイマのルアーから入門する人も多いのではないでしょうか。

看板ルアーはこれら

sasuke(サスケ)シリーズ

sasuke(サスケ)シリーズの裂波。サスケもサイズやフローティング、シンキングなどたくさんラインナップされてますが、一番基本というか持っている人が多いのが裂波ではないでしょうか。

福袋にも必ず1つは目玉として入ってました。

12cm級のルアーなので、投げるのに躊躇する人もいるレベルの大きさではありますよね。ベイトが大きくなってくる秋以降の季節なら普通に使えるかもしれませんが、春などのマイクロベイトの季節やスレた場所だとどうしてももう少しサイズを落としたくなります。

サイズもたくさんラインナップされているので、自分の釣れる気がする大きさを選びましょう。

個人的には9cm級の出番が一番多いです。

komomo(コモモ)シリーズ

それと、komomo(コモモ)シリーズ。

基本コンセプト的にはサスケシリーズよりレンジが浅くてアクションはロールが強いのがコモモ。

最近のイナッコボイル攻略用にkomomo2はよく使ってるんですが、まだ結果は出ておりません。でも狙いはまちがってないはず。水面直下をブリブリ泳ぐので、まさにイナッコの群れがフィッシュイーターから逃れようと水面を泳いでるようなのですが…。

早春のバチシーズンでは、komomo slimもよく使われてます。

koume(コウメ)シリーズ

バイブレーションは、koume(コウメ)シリーズがでてます。初めてのシーバス釣行で魚を連れてきてくれたルアーなので好印象を持っております。

引き抵抗もちょうどよしで使いやすいです。

鉄板バイブのコウメインフィニティもあるんだけど、こっちはゴミルアーだったので注意!フォールさせただけで高確率でフックが絡んで動かなくなります。泳ぎ出しも明らかに良くないし。よく安売りされてるけど、安物買いの銭失いになるかと。

新作ルアーでいうと、サスケとコモモの中間的なルアーとしてコスケは評判が良いですね。

コアマン

デイシーバスを流行らせたルアーメーカー。
http://www.coreman.jp/

代表の泉氏の本は面白かったです。
コアマン泉氏著『シーバスノート2kindle版』が安かったので買ってみた

泉氏の釣りの楽しみ方は憧れるというか、お洒落でカッコいいですね。

アイアンプレート

鉄板バイブは各社から発売されてますが、きっかけはこのコアマンのアイアンプレートだったそうです。

使いやすくて釣れるということで、評価の高い鉄板バイブです。私が初めてシーバスを釣ったのも鉄板バイブでした。(アイアンプレートじゃないし、ナイトだったけど)

デイでの基本的な使い方は、高速タダ巻き。他にはリフトアンドフォールなど。

よって、鉄板バイブは、巻き抵抗が強すぎると高速で巻くのが大変で使いにくいし、リフトアンドフォールなどの操作でフックがアイやラインに絡みやすいと使い物にならない。

その点でもトラブルレスで使いやすいってことで、アイアンプレートは評価されてます。そしてよく釣れると。

アルカリ+パワーヘッド

あと、コアマンと言えば、ワーム。シーバスではワームはジグヘッドで使います。コアマンからはワームとジグヘッドも出てる。

アルカリとパワーヘッドの組み合わせ。間違いない!

使い方はナイトだったらレンジを合わせてタダ巻き。デイなどリアクションで釣る場合は、ロッドアクションで上手いことダートするように設計されてるらしい。

ダイワ

超大手メーカー「ダイワ」。当然のことながらシーバスルアーを出してますね。

http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item3/lure/salt/index.html

昔、中学生の頃バスルアーではTDバイブが大流行してたりしました。シーバスでもヒットルアーはあるようです。

ミノーだとショアラインシャイナーシリーズが有名で、サイズ・レンジ・アクション毎に大量にラインナップされている。

しかも、定番化していてよくナチュラムやAmazonなどでセールもやっているイメージがあります。

あと、プロアングラーと共同開発もやってますね。大野ゆうき氏とか。オヌマンとか。

ミニエントは大野氏プロディースの小さいミノーバイブレーション。ただ巻いてくるだけじゃなく、ダートさせて使うみたい。

TDバイブレーションにもソルト用はでてますね。あと、TDポッパーは、エサと言われてるらしいです。

シマノ

こちらも大手メーカーであるところの「シマノ」。

でも、ダイワほどルアーが売れている感じがしないです。投げ売りされてたシマノのビックベイトを買ったことがあります。

それでも名ルアーと呼ばれるものもあるようです。よく使っている人を目にするのがサイレントアサシンシリーズ。

シマノはAR-Cという独自の重心移動システムを採用してますね。

めちゃくちゃ飛ぶらしいけど、比較的値段が高いのがネック。

サイレントアサシンは、コアマンの泉氏が推してますので、よく釣れるルアーなのでしょう。

泉氏といえば、2017年新作のゴリアテHi。

AR-C搭載でぶっ飛び系で、表層で使いやすそうなリップレス。

表向きHiはハイレスポンスって意味らしいけど、実際はいずみ・ひろふみの略らしい。

メガバス

世界のメガバス!かつてバスルアー業界を席巻したメガバスですが、いまや様々なジャンルのルアーやタックルを発売してますよね。海外でも大人気らしいです。

シーバスルアーも出してます。バスルアーのソルト版のものも多いけど、ウェイトとかカラーとかが最適化されてます。海水と淡水じゃ浮力が変わりますからね。汽水でもそう。

x-80

んで、シーバスで使われるメガバスルアーで、特に持ってる人が多いのが、X-80。タックルボックス常駐の定番ルアーとされてるみたいですね。ハチマルと呼ぶ人が多い。

シーバスルアーだと、ロールが主体のミノーが多いけど、x-80はキビキビとしたウォブリングとトゥイッチでバイトを誘います。

でもそれだけじゃなくて、極スローにゆたゆたと引いてくるのも効果的。多くのリップレスミノーよりしたのレンジをのたのたのたのたとゆっくりひいてくると、グーッと押さえ込むバイトがある。とエキスパートな人に教えてもらいました。

長潮ど干潮シーバス

この時は使っていたのはx-80じゃなかったけど、同じようなタイプのミノーをテトラの際、下の方をゆっくり引いてきて、ゆっくり重くなるようなバイトからの70うpでした。

バスデイ

バスデイのシーバスルアー代表作といえば、レンジバイブ!

ソルトのバイブレーションの中でも超有名ルアーです。

飛距離もでるし、操作性もよし。タダ巻きでも釣れるけど、アクションを入れても使える。使っていて、ラインが絡むようなトラブルも少なかったです。なぜか根がかりも少なかったですねぇ。姿勢がいいのかな?

さすが定番ルアー。どこの釣具屋でも買えるっていうのもいいですね。

バイブレーションって中古であまり見かけないんだけど、レンジバイブは流通量が多いからか、中古で買える機会が多いのも強み。

サイズが色々でているけど、基本は70ES。取り敢えず最初の1個はこれでOK。

邪道

シーバス界で人気のルアーメーカー。有名プロプロデュースのルアーがラインナップされてる。

藤沢プロデュースのヨレヨレ、村岡プロデュースのスーサン、大野プロデュースのグラバー。

特に、スーサンは使っている人が多いんじゃないでしょうか。

リップレスミノーとシンキングペンシルの中間みたいなルアー。ハイピッチなローリングアクションでタダ巻きで釣れるルアー。ジャークさせたりロッドでアクションを入れて使うのも◯。

アピア

ソルト業界で人気のメーカー。ロッドも出してる。というかロッドの方が有名なのかな?

実はアピアのルアーは使ったことがないのでよく分からない…。

代表作というとどれなんだろ?bit-vですかねぇ。

bit-v

小型でぶっ飛ぶがコンセプトのバイブレーションす。

マリア

海のルアーメーカー。ジギング用のジグも有名。

SNSもやってますね。

最近だと業界初のカーボンを使ったバイブレーション(Carbon-Vib)が話題になってました。イワシのウロコを研究してそのキラメキを再現しているらしい。

ラッキークラフト

ブラックバスではもう誰もが知る定番メーカーだけど、シーバスやトラウトなど色んなジャンルのルアーを出しているラッキークラフト。

ワンダー

シーバスルアーでは、ワンダーが超定番ルアーとして君臨してる。シンキングペンシルというジャンルを確立したルアー。

シーバスで使われるサイズは80が基本。

シーバス業界では、ワンダーで釣っても「なんだ、ワンダーか」みたいな空気すら感じます。

ブルーブルー

シーバス業界の有名プロ、村岡氏のメーカー。

東京湾奥のカリスマと言われてる人。

すごく釣れそうだと思えるし、人気があって贔屓にしている人も多いメーカーだけど、ちょっと値段が高い。

スネコン

S字系のスネコンは発売直後は話題になってました。品薄状態が長く続いてましたね。

スラローム系のルアーって使ってて楽しいんだよなぁ。

スネコンはゴツゴツしたラトルがして、いかにも大きいのが釣れそうな気がしてくる。

ブローウィン

ブルーブルーで評価の高いルアーは多いけど、僕の観測範囲内で特に評価が高いのがブローウィン。

特にシンキングモデルの評価が高い気がする。数字の後にSが付くやつです。

ガイア(パブリックルアーズ)

エリア10

安くて釣れる信頼と実績のエリア10!私のシーバス釣果の7割はエリア10な気がします。

最強のシーバスルアー。

リップレスミノーで、水面直下をゆらゆら泳ぎます。

バチパターンでも、河川のドリフトでも使える。

フックが3本ついていてフッキングも◯。

その分細いフックなので、すぐ折れてしまうのが玉に瑕ですが、ワンサイズ落として太軸にするという手もあります。

私は、安いフックをこまめに交換する派です。フックが新しいか>どのメーカーのフックを使うか、だと考えてます。

Jackson

淡水から海水まで網羅してるルアーメーカー。

ルアーだけじゃなく、ロッドや周辺フィッシングツール全般を出してます。

にょろにょろ

シーバスルアーだと、バチパターン用のにょろにょろが超ど定番ルアー。

タックルハウス

ソルトルアーを中心に、トラウト用のルアーでもいい仕事をしているメーカー。

ローリングベイト

シーバスルアーだと、ローリングベイトという超有名ルアーを作ってます。

バイブとミノーの中間みたいな形状をしてます。

引いてみると超細かくブルブルぶるぶる震えているのが感じられる。このハイピッチローリングアクションがシーバスに絶大な効果を発揮するらしく、秘密兵器と化しているというか、これで釣れなきゃ魚はいない、と言われるくらい釣れるルアーという評判があります。

ラパラ

世界的な釣具メーカー、ラパラ。

CDシリーズは、昔からある定番ルアー。今どきのルアーと全然違うアクションだけど、シーバスは釣れるようです。

CD=カウントダウン。名前の通りシンキングで、狙った水深までカウントダウンして使います。

ノースクラフト

ノースクラフトの代表作と言えば、エアオグル。

SLM=スラローム。その他、シンキングとセミサスペンドがある。

スラロームはタダ巻きで、ゆるやかなS字を描いてゆらゆら泳ぎます。

スラロームはシンキングなのですが、フォール中もS字で沈んでいきます。その動きを活かしたリフトアンドフォールも釣れるらしい。

DUO

国内生産にこだわってるルアーメーカー。

シーバスルアーではタイドミノーとマニックが有名。

タイドミノー

オーソドックスなミノー。

タイドミノーはサイズやシリーズなど色々出てるけど、この125SLDが基本なのかな。

ベイルーフ マニック

春のバチパターンでの定番ルアー。

よく釣れるけどフッキングはよろしくないという評判。姿勢の問題なのかな。

僕自身はそこまで悪いとは思わないんですが。

バチパターンでは引き波立てて巻いてくるだけだけど、それ以外の季節ではロッド操作でアクションを入れてやるのも◯。

バチシーズンではかなり釣れますね。

DUEL

淡水海水のルアーからラインなど手広くやってるメーカーですよね。

値段も安め。

ハルシオンシステム

ランカーサイズを狙って獲るがコンセプトのルアーメーカー。

ルアーが基本的にでかい。

そうじゃないのもありますけどね。

トラウトでデンスがちょっと話題になってたなぁ。

ブリーデン

アジングとかライトソルトなイメージのメーカーだけど、メタルマルがシーバスでも大ヒットしてました。

海でやる人は使えるかも。

ジャンプライズ

井上友樹氏のメーカー。ランカーハンターという二つ名があるらしい。

ブログが面白い鈴木良幸氏も在籍してる。
鈴木良幸の日本一周釣行脚

その名の通り、遠くまでぶっ飛ぶシンキングペンシル。最初、メタルジグかと思ってたんですがシーバス用のシンペンでした。

あとは、ローディとかチャタビーとか。最近わたくしの情報収集範囲内でよくジャンプライズのルアーの名前が出てくるなぁ。

エクリプス

正直なところ、このメーカーのことをあまり知らない…のですが、ロッドとかも出していて、シーバス業界では一定の地位を築いているようです。

マングローブスタジオ

マリブ

大野ゆうき氏プロディースのマリブが超有名。

マリブは超食わせのルアーらしい。取り敢えず、バイトが欲しい時に使う人が多いみたい。ボイル打ちでも活躍するようです。

個人的にここ最近、一番気になってるルアー。

リップが付いているけど、これによってレンジキープがしやすくなっているシンキングペンシルという位置づけ。

レンジキープしやすい代わりに、ちょうどよいスピードで巻かないとちゃんと動かないという意見もありますね。

解説動画で正解のアクションを観ておいて、イメージを持っておいた方が良さそう。もっとゆっくり引きたいと思った時は重いサイズを使うといいとか。

動画はここで観れます

3種類のサイズが展開されていて、重さによって最大進行深度が変わります。78が基本サイズですね。

mrb4
マングローブスタジオ マリブ78

LONGIN

レビン

新し目のシーバスルアーメーカーですかね。

結構、店頭での陳列数も多めな気がするので、人気もありそうな感じ。

でも、この手の小さいメーカーのルアーは高額になりがちなのが難点ですね。ジャンプライズしかり、ブルーブルーしかり。

ポジドライブガレージ

アイマやアピアのテスターをやっていたシーバス業界の有名人、RED中村氏が立ち上げたルアーメーカー。

まだ設立から間もないけど、すでに結構な種類のルアーをリリースしている。

ルアーの見た目には、RED氏の趣味がかなり反映されてる。オールドアメリカンなテイスト。

個人的に好きな見た目をしている。

フリルドスイマー

リップではないエリマキみたいなものが付いてるサブサーフェスのフローティングミノー。

オールディーズな香りがします。

このエリマキのおかげかいい感じにロールして揺らぐ。

ジグザグベイト

太めのシャットベイトなフォルム。バイブレーションっぽいけど、ゆったりとしたS字アクションをします。

フォールがかなりゆっくりなので、表層を引きやすい。

nada.

メーカーのコンセプトは、

“高次元のベーシック”。『使いやすさ』と『高い基本性能』を併せ持ち、安心して手に取ることができるルアー。

元メガバスの黒田氏が立ち上げたソルトルアーメーカー。

シーバスだけじゃなくて、チヌやメバル用のプラグも多い。

高額なものが多いシーバスルアーのなかで、かなり手に取りやすい値段設定になっていると感じます。

黒田氏はバス釣り業界でもかなりリベラルに色んなルアーについて発言していたり、個人的に信頼度が高い。

ルアーも使いやすいし、好きなメーカー。

スパロー

シャローで使いやすい鉄板バイブ。

重さの割に潜行レンジが浅い気がします。

フックにラインが絡みづらいのも◎。

アイビス

やわらかい素材でできたミノーバイブレーション。

あまり派手に動かないので、鉄板バイブのスパローと使い分けが可能。

おわり。そのうちまた更新します

つ、疲れた…!想像以上に書くのが大変だった…。

まだまだメーカーはあるので、定期的に更新して追加していきたいと思います。

 - 釣り具, 釣り具-おすすめルアー