続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-フィッシングツール

【VM-2055】オフショア用に小さめのタックルボックスを導入したら大正解だった【メイホウ】

投稿日:

乗り合いで船に乗った時に達人っぽい人がいたら動作とか持ち物を観察するのですが、「荷物がめっちゃコンパクト」な人がいました。

陸っぱりでもそうだけど、大きなバッカンやタックルボックスに使いそうなルアーや道具を持っていくスタイルの人も多いと思います。

でも、案外持っていっても使わないことって多くないですか?

ずぼら人間は大きなバッカン使ってると荷物持って行き過ぎて、重たくなってしまうのです。

あれもこれもとりあえず入れとけ方式。

持ってくものが普通のルアーならまだいいんですが、タイラバのヘッドやジグなどはひとつあたり100gとかの重量があるので非常に重くなります。

船まで持ってくのがだるい。クーラーボックスもあるし。

ボックスが重くてでかいと船上での取り回しも不便だし。

チャーター便だったらまだスペースに余裕があるかもしれないけど、乗り合いだと邪魔くさいなと思ったり。

そんなことを感じていた時に荷物がコンパクトな達人を発見して、これはいい!パクろう!と思いました。

コンパクトなボックス 「メイホウ VM-2055 ランガンシステム」

先日のタチウオ釣行から、小さなEVAケースに必要な分を厳選して荷物をまとめて見たら非常に快適でした。

さらに快適さを求めるなら、小さなタックルボックスにロッドを立てられるようにするのがベストでは?

ということで、これを実現できる物品を買ってみた。

VM-2055 ランガンシステムをざっくり紹介する

スペックなどは公式サイトのカタログを見てください。

外観

一番小さいサイズを選びました。非常にコンパクト。

上部の収納スペース

蓋が二重になっていて、小物を収納できるスペースがある。

仕切板は4つ付いていたけど、ボックス自体が小さいので全部使うと1スペースがめちゃめちゃ狭くなる。

中の収納スペース

ランガンシステムは蓋をフルオープンした時に取っ手が支えになって180度で安定する。

蓋の裏を作業台として使える管釣りスタイル。

仕切板が1つ付属されてるけど、こちらも使う場面は少ないのでは。

仕切るとルアーケースが入らないので。

オプションパーツ類

「オプションパーツが豊富」というのがメイホウのタックルボックスを選んだ大きな理由の一つ。

別売りのパーツを取り付けることで機能を拡張できるのである。

しかも取り付けに工具が不要なものがほとんど。溝にカチッとハマるようにできています。

僕が今回選んだオプションパーツはこちらの3つ。

ロッドスタンド


サイズが4種類くらいあります。

ロッドエンドが長めなライトジギングロッドでも問題なかったです。

EVAケースからバージョンアップした理由がロッドを立てたかったからなので、このパーツは必須。

船に乗ったあとはスタンドはなくてもいいんですが、乗る前の待機時間にロッドスタンドがないと不便なのですよね。

ドリンクホルダー

船の上に飲み物置いとくと移動中にコロコロ転がっていってしまうので、ドリンクホルダーも必須。

バッカンを使っていた時は、中に入れておけたのですけど。

ルアーホルダー


多目的なルアーホルダー。

ボックスに装着することもできるし、ロッドスタンドなどに引っ掛けておくのでも良い。

ルアーチェンジの際に、よく使うルアーをボックスの中に仕舞うのではなくホルダーの中に入れておけたり、

移動中などにガイドなどに引っ掛けず、ルアーを入れておくことができます。

必須ではないけどあったら何かと使えるかなーと思って導入。

実際に使ってみた感想も「必須ではないけどあったら何かと使えるな」です。

装着して中身を入れた状態がこんな感じ。

ロッドスタンドはもう1本付けてもいいかな。

ジグや荷物の収納について

ルアーケースは縦に入れられない。横にして入れますが、その場合は仕切板は使えません。

100均のペン立てがジグを収納するのに使えました。フックを付けたままのジグはこっちに入れてます。

その後購入したメイホウのエギケース(Mサイズ)がジグの収納にもいい感じでした。

エギを仕舞っておくために買ったのですが、嬉しい誤算でした。

ジグの他には、

  • タオル
  • フック
  • プライヤー

を中のスペースに収納。

写真ではリールとフィッシュグリップも入れてあります。

フィッシュグリップが大きい場合は中に入らないので、ロッドスタンドに引っ掛けたルアーホルダーに収納できます。

上部の小物スペースにはリングやフック、ノット用具などを入れてあります。

この程度の荷物で全然問題なし!

フックはケースのままだとかさばるので、100均で売ってるジッパー袋に入れ替えてます。

写真撮った時はタチウオ船に乗る前だったのでジグを入れてますが、タックルケース3個は余裕で入るので、ルアーを使う釣りにも対応できます。

ビックベイト便の場合だけは対応できないけど、タイラバとかそれ以外のシチュエーションなら余裕ですね。

船に持ち込むスタイル

持ち込むのは

  • VM-2055
  • バック
  • クーラーボックス

この3点セット。

釣具はVMにまとめて、サロペットとライジャケを別途バックに入れて持っていくスタイル。

荷物をコンパクトにできて非常に快適です。

持とうと思えば一度にすべて運べます。

バック類はだいたい船内に置かせてもらえるのでなんでも良いけど、防水のトートなどを使ってる人が多いですね。

ボックスの中身を保管する時はEVAケースにまとめて収納することで、釣り物が変わったとき持ち物を入れ替えるのも楽ちん。

遠征なんかで色んな釣りをする場合は、そのままバッカンを持っていけばよし。

小物類はどの釣りでも共通なので入れっぱなし。

整理整頓が苦手なので、小分けかつ大雑把にまとめて管理するのが向いてるようです。

VM-2500は座れるのか問題

メイホウの大きめなタックルボックスは、大人の男が座っても大丈夫ということがうりになっています。

しかし、VM2500はカタログ上では座れないことになっております。

実際座るのは自己責任でということになりますが、一応座っても今の所壊れていません。

僕の体重は60kg程なのですが、まぁ多分大丈夫じゃね?という感触です。

ちょっと心配ではありますので、あまり積極的に座ってはないですが..。

おわりに

大満足です。

購入前のイメージ通り、超使いやすいです。

陸っぱりで使う場合は、収納力はウェストバッグと大差ないのでランガンする釣りというよりは、海釣り施設とか波止場など一箇所にとどまって釣りをする場所向きですね。

名前はランガンボックスだけど。

船釣りには個人的には最適です。超快適になりました。おすすめ!

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-釣り具, 釣り具-フィッシングツール

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.