続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

オフショアフィッシング

2019釣り始めタチウオ船!前後は釣れてて当日は..

更新日:

皆さんどうもこんにちは。

2019年の釣り始めということで、3連休初日にタチウオ船に乗ってきました。

ここ1週間くらい天気も良くて大型のタチウオが調子よく釣れてたようで期待大だったんですが、当日だけみぞれ混じりの極寒DAY。

月曜日とかすごく暖かかったのに...。

めちゃくちゃ寒くて、3本指出しグローブをしてたのですがしばらくしもやけ状態でした。

安定の吉野家から出船。

出船前はそんなに寒くないなーなんて思ってたけど、船が動いて海に出たら寒くて早々にキャビンに避難。

最近はずっと走水沖の水深70m付近で釣れていたようのですが、最初のポイントはおそらく横浜沖。(寝てたら着いたので良くわからない)

水深は40mくらいで120gのジグをセットしておいてーと船長からの指示がある。

船がスピードを落とし魚の反応を探し始めて、ワクワクしながらジグをセットする。

前回のタチウオはほとんどダイワの鏡牙ジグのみを使っていたのだけれど、今回はいろんなメーカーのジグを買ってきた。

ジグによるアクションの違いなどを感じることが設定していたテーマのひとつ。

最初に投入するのはシマノのジグ。

あとは釣りたい。ひたすら釣りたい。なぜならタチウオは美味いから。

だんだんとタチウオ名物の船団に近づいて、とんでもない船団が形成されていることに気がつく。

見えますかね?30隻は余裕で超えてたんじゃないだろうか。

エサの方が若干多かったかな?ルアー船はちらほら。

千葉の方からも来てましたね。

タチウオフォールパターン!?

開始早々に船中でいくつかタチウオがあがってましたが、なんだか巨大な船団ができてる割には食いが渋い様子。

3人の仲間内のなかで、最初の1匹を手にするのも最後という状態。

2時間くらい釣れなかったんじゃないだろうか。

ようやく...というタイミングで着底直後にフッと軽くなるようなアタリでゲット。

その後はなかなか続かず、ジグを交換しまくる。

鏡牙ジグのマットピンクに変えて追加で2尾ヒット。

シャクってガツンみたいなあたりがないので、リアバランスのあまり動かない系ジグが良いのかなと、マリアのバイラバイラで1ゲット。

ここまでが時間的に前半戦で4尾。

ずっと曇り空だったのですが、だんだん濡れたラインで手が冷たくなってきて、風も少し出てきて挙句の果てにはみぞれが混じり始めて、寒くてやばかった。

そして後半戦は0ゲット..。

あたりは何回かあったのですが..。厳しい。

途中、取り込み直前にラインカットされたタチウオを引っ掛けるという神展開はありましたが、その他に見せ場なく終了!

今回は1日中ずっと同じポイントでした。

あとで船宿の釣果報告を読んだらやはり食いは渋い日だったみたいです。

そして、翌日は日差しも出て暖かく入れ食いだった模様。

あるあるですけど、くやしいーーー。

平均サイズは大きかったけどね。

セオリーとカウンター

今回は経験というか道具の差が結構出てしまった感があります。

食いが渋かったとはいえ、17尾釣ってる達人も同じ船に乗ってました。

その達人はトモ側にいて、僕はミヨシにいたのでつぶさに観察できたわけではなかったですが、遠目でも動きが達人ぽかったです。

その人がよく投入してたように見えたのカラーがオレ金。

周りのちょいちょい釣れてる人、すごい釣れてる他の船の人もオレ金を使ってゲットしてたのを確認しましたし、友人3名の中で一番釣った人もオレ金。

タチウオには曇りの日にはオレンジ金カラーというセオリーがあります。

パープル金は持ってたのですが、こちらには1尾もかかりませんでした。

金ベースならそこまで差でないだろ?とか思ってたのですが、めちゃくちゃ差を付けられました。

タチウオはカラー選びが大事そうです。ていうかセオリーって大事な。

トラウト的にジグを集めなきゃいけませんな。お金がいくらあっても足りない。

それと、今回はヒットパターンのほとんどがボトムに着底する瞬間でした。

サミングしてるとずとんとボトムに落ちる時と、フッと軽くなるアタリの時がわかる場合があるんですが、結構気が付かないアタリが多かったのではないか説があります。

なぜなら友人3名の内1番釣った人がカウンター付きのリールを使って、フォールのアタリをとっていたからです。

9尾釣ったって言ってたかな?

倍の差がつきました。カラー問題もあるとは思うけど。

ボトムだとカウンターの数字が50で止まるところが、48とかで急に止まって合わせるとかかるみたいです。

こんなリールが発売されてたとは...。

17グラップラーには満足してるんですが、タイラバやタチウオメインだったらこっちの方が良かったかも。

春にグラップラーのカウンター付き下位モデルが出るみたいなので、そっち買おうか検討中です。

タチウオは美味い

昆布と背骨で出汁とって、しゃぶしゃぶ

天ぷら

出汁とって香味油作って、タチウオラーメンも作ってみた。普通に美味かった。

ロールフライ。シソとチーズと梅チューブをロールしてみた。激ウマ。チーズはたくさん入れたほうがいいかも。

ユッケ丼。焼き肉のタレにごま油とチューブにんにくでそれっぽくなる。美味い。

刺し身と炙り

バーナーは1500円くらいで変えました。これは2019年かって良かったものランキングに入ることが確定しました。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-オフショアフィッシング

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.