続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

オフショアフィッシング

【悲報】8万円が海の底に消える【オフショアでサワラ・サゴシは釣れた】

投稿日:

寒い!

みなさん、お久しぶりです。

もうこのブログも消して、釣りもやめようかなと思うほどのショックを受けたのですが、私は生きています。

タイトルから何が起こったのかお察しいただけるかと思いますが、先日サワラ狙いのキャスティングで船に乗ってきました。


(事後)

東京湾キャスティング・サワラ

戸田から出船する釣宿で、サワラが釣れているという情報をゲットしいってまいりました。

移動時間1時間くらいで浦安沖に到着して、釣り開始。

ところどころで小規模な鳥山が発生していて、サワラも跳ねたりボイルしたりしてました。

鳥と魚を追いかけながら2時間くらいその辺のポイントを流してたでしょうか。

乗り合いで6人くらい乗船してましたので、50gくらいのジグをアンダーキャストでできるだけ遠くに投げて、広範囲をさぐれた人が釣れる感じです。

キャスティング用のスピニングロッドでやっていた達人的な人はめちゃくちゃ飛ばしてましたが、ベイト使いの僕でもぎり届くかなくらいの距離でボイルもあってなかなかハイテンションな釣りでした。

主に使っていたのはフィッシュマンのゴーテン、Brist510MXH。

キャスティング非対応のジギングロッドでも投げてみましたけど、ゴーテンの方が1.5倍くらい飛んでロッドの性能を感じました。

ぴゅーんと投げて、ゴリゴリ巻いてガツンと当たりがくるので楽しかったです。

2時間くらいやってサゴシ1尾と、ぎりぎりサワラサイズ(60cmくらい)1尾ゲットできました。

(あとは乗らないアタリとバラシがちょこちょこ、シーバス2尾)

この前釣ったのより2回り、3回りくらい大きかったので引き味も楽しめたのでその点は良かったです。

ディズニーが遠目に見えるようなポイントでサワラが釣れちゃうなんてオモローですね。

竿頭の達人はさらにでかいサワラ含む10尾近く釣ってたんじゃないかなー。

ちなみにサワラはめちゃくちゃ美味かったです。

かなり脂がのってて包丁が切れなくなるレベルだったのですが、大きいとさらに脂がのるらしいので達人が釣ってたのは相当なものなのでしょうね。

悲劇

そんな感じの釣りをして何尾か釣り上げたわけです。

グローブはしてましたけど、陸っぱりシーバスや管釣りで使っているフィンガーフリーの手の甲だけのグローブでほぼ素手でロッドを握っていました。

キャスト時にラインから飛び散る海水で手も濡れます。ベイトリールは特にサミングで濡れたラインにふれるので余計です。

12月ですから寒いので手もかじかんでいました。

魚を釣ったあとは血抜きしてもらうためにバケツに突っ込むため魚を触り、ぬめりが手に付きます。(タオルで手は拭いたつもりでしたけど)

そういう要因が重なってしまったのでしょう。

届きそうな距離でサワラが跳ねて、急いでキャストしたときに...

すーーん...

しばらく目視できるくらいゆっくりと沈んでいくブリストゴーテン。

意味がわからなかった。

我に返って急いで別のロッドで救出を試みましたが、だめでした。タモを探して向き直った時にはもう見えなくなっていました。

買って一年経ってないバンタムも一緒に。

総額8万円が海の藻屑となった...。

希望とお願い

ショックでもう釣りやめようかとも思いましたが、なんとか復活しました。

過ぎたことを嘆いても仕方がない。

また船に乗るために次は対策を行います。

次のポイントへの移動中、キャビン内で船長と同船者の方々をおしゃべりしましたが、ままある事故らしくステラ付けたタックルを落とした話を聞いた時に一瞬ココロがやすらぎました。

自分より不幸な人の話を聞くと救われますね。

ということで、みなさんも不幸な話をお持ちでしたら下のコメント欄にどしどし書き込んで下さい。

現場からは以上です。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-オフショアフィッシング

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.