続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

オフショア-ボートシーバス オフショアフィッシング

2018年釣り納めはシーバスジギング船

更新日:

あけましておめでとうございます。

あっというまに正月休みも終わってしまいましたね。

この記事も年末にだいたい書いてあったのですが、未公開のまま忘れてました。

休みの間いったい何してたんだろう..??

一応、5日とかになってしまったけど初売りにはいってきました。

3,000円の中古ルアー福袋とロンジンルアーを20%OFFで購入。

ラムタラを使ってみたかったのと、エクリプスのルアー以外は普段使ってるルアーだったのでまぁまぁお得だったかなと思います。

閑話休題。

爆釣の釣り納めを期待してシーバスジギング行ってきた

2018年釣り納めなのでネタは釣れやすいのが良いよねってことで、シーバスジギングを選択。

釣宿は安定の深川吉野屋さん。

シーバスジギングといえば爆釣する予感しかしなかったうえに、前日の釣果は竿頭50本超えの入れ食いだった模様。

乗合船なので、おそらく船中100本は超えてるよね。

あ...これってフラグ...。

シーバスのポイントにはアジもいるようなので、保険のサビキも用意して、出船!

簡単にはだまされんぞ...。

羽田~風の塔周辺ポイントでシーバスジギング

ポイントは羽田空港からアクアラインの風の塔あたりを点々としてました。

最初はなんかしらの工業設備ストラクチャー撃ちで不発。

風の塔に移動したら何隻か船も集まってて鳥山ボイルもあってな状況で、ファーストバイトをゲット。

そしてばらす。そこから3連バラシ。

数時間同じポイントで流し直しながらひたすらジグを投入して、途中ちょっとした入れ食いタイムもありつつ、シーバスを5本ほどあげました。

しかし、みんなサイズが小さい。最大40cmくらい。同船者ふくめてもスズキサイズは1~2本だったぽい。

前日あんなに釣れてたのに..。漁師にとられちゃったかな。

まぁ、あるあるですな。あたりはあっただけましか。

ただ落として巻くだけでなく、とちゅうにストップを入れた方が反応が良かった感があります。

ストラクチャーにタイトに落とすと釣れるんですが、まっすぐ落とすと段差に引っかかるので、ちょっと強めにサミングしてカーブフォール気味に落とすのも有効だった気がします。

フォール中のあたりも結構多くて、あたりがとりやすくてちょうど良かったです。

活性高まってる時間帯は水面付近まで追いかけて食うときもありました。

テンションが落ちてる時は、フォールの時間を多くしてボトム付近をネチネチみたいな感じでやってました。

参考になれば幸いです。

ジグサビキでアジと遊ぶ

風の塔にはシーバス船だけではなく、LTアジ船も集まってました。

眼の前で釣れていく、ナイスサイズなアジ。

乗合船のストラクチャー撃ちは、船の片側のみストラクチャーに付けるので反対側のターンになった時釣れる気がしません。

早々にシーバスは見切って、ジグサビキで遊ぶ。

ていうかアジ食べたいし、真剣に狙う。

相手は東京湾のアジなのです。本当にアジいるの?ってレベルで陸っぱりで釣れた試しがありません。いやサビキならあるか。

一応、ジグにも食いついてくるらしいし、シーバスが釣れるかもなので、ジグにはリアフックを付けたままサビキを投入。

結果、アジも20尾ほどキープサイズが釣れたは釣れたのですが..。

陸っぱりサイズ!!

15cm~豆が中心でした。鈴なりで釣れたりもしたので、そこそこ楽しかったけど。

デカアジは数が出てなかったですが、ジグのスイミングで釣れてましたね。

僕にはきませんでしたね。船から狙ってるんだから尺超えがほしかった...。

最終的にお持ち帰りはこんな感じに。

結局、中盤以降ずっとジグサビキ投げてました。豆サイズはリリース!

アジは着底直後、もしくはシャクってステイのタイミングで釣れました。ほとんどボトム付近。

羽田付近のストラクチャー、滑走路近くのテトラのあたりなどで釣れました。

新年初釣りはタチウオ行ってきます。タチウオ面白いし美味いから楽しみ!ドラゴンサイズが結構釣れてるらしい!

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-オフショア-ボートシーバス, オフショアフィッシング

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.