続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

年末のボートシーバス、ジギングとミノーイングで入れ食い納め

      2016/12/26

先週末は、またボートシーバスに行ってまいりました。

前回はブーツの調達が間に合わず長靴でしたが、今回は首から下はガッツリ防寒スタイルで。

終末は暖かく、最高気温が15℃くらいあったので、またしても全然余裕でしたけどね。むしろ日中は汗ばみました。

シーバスも終盤戦。

天気は最高だったんですけど、釣果はどうだったんでしょうか..?

デイシーバスで爆釣!上げ潮がチャンス?

めっちゃ釣れた。笑

時期も終盤なので、ジギングで飽きない程度に釣れればいいなーと思ってたんですが、

船中100ヒットは余裕だったんじゃないだろうか。

中盤くらいから、ランディングが適当になって、かなりバラシが多かったと思うんですが、個人的には前回の3倍くらい釣れた感触があります。

今回釣るのに忙しくて、写真が少なめです。

出船が13時からの夕マズメ便。

潮回りは中潮で、干潮がちょうど13時過ぎで、上げ潮の間中に釣りをしていたようなスケジュールでした。

船長いわく、ここ最近は上げ潮で活性が上がるパターンが多いようで、午前中はあまり釣れなかったと言っていました。

海水温の問題なんですかねぇ。

イワシの群れも回ってきていたみたいで、鳥も大騒ぎしてました。

鳥が騒ぎ出してしばらくすると、シーバスが釣れるみたいな感じで面白かったです。

下げで川の水が流れ込んでくるのをイワシが嫌って、上げ潮と共に沿岸部に寄ってくるという感じなんでしょうか。

年末年始の休みにボートシーバスに行きたい人は、干潮時刻を調べて、上げ潮の時間に出船するように調整すると良さそうです。

夕マズメから夜にかけては潮が止まったからか、シーバスはあまり釣れず。

光量より潮の方が影響度高かった。

最初は風の塔でストラクチャー周りのジギングから

今回は、13時出船で風の塔へ直行しました。

アクアラインの通気口みたいな、海の真ん中にそびえ立つ塔。

塔の壁際に沿ってジグを落として巻いてくる。

すると、友人彼女が1投目で、シーバスゲット。

ナチュラムで500円くらいで売ってたジグだけど、すげー釣れてました。カラーもこれ。

まだ売ってるかな?


⇒⇒ナチュラムの2016年末セール

icon

その後も、続々とヒット。

サイズはほとんどが20~40cmくらいだったけど、たまに50アップも混ざる感じ。

レンタルのスピニングタックルだと、かなりドラグが出てて楽しそう。

釣りはじめはボトムべったりに付いていたようで、10mくらい巻き上げたらフォールさせてを繰り返す。

僕はベイトリールでやっていたので、フォールのアタリもわかりやすくて面白い。

最初は、ボトム付近でのアタリがほとんどだったけど、だんだんとアタリがでるレンジが変化する感覚があった。

ただ巻きだけでも前回より釣れてたけど、落としてダーッと巻いて、アタリのあったレンジでハンドルを止めてフォールさせて、ボトムまで落とさず巻き始めると、ドンッっとあたったり。フォール中に食ってきたり。

ボトムから追いかけてきて、食いつく間が必要だったのか、レンジが上ずったのかよく分かりませんが、ゲーム性もあって楽しい。

フォールはクラッチを切ってフォールさせてるんですが、アタリは分かった。くくっと感触が伝わったり、フォールのスピードが変わったり、軽くなったり、いろんなパターンがあった。

フォールで当たった瞬間が分かると釣った感があって良い。

僕が使っていたジグはシーバスジギングの定番ジグ、オーシャンドミネーター。

カラーはどっちもよく釣れました。

ちなみに、フックは付いてないので自分でつける必要がある。

釣れなかったらアシストフック付けようと思ったんですが、リアのトレブルフックだけで、そこまで不都合はなかった。のらないアタリはそれほど多くなし。

最初、いつものシーバス用スナップを使っていたら、負荷で開いちゃってジグ1個ロスト..。

耐力スナップの2番だか1番に変えたらいい感じでした。

イワシの群れと鳥とキャスティング

やがてイワシの群れが回ってきたようで、魚探に反応があった直後に必ず釣れるみたいな状況になる。

そして、鳥も騒ぎ出しアタリの出るレンジも明らかに上になってくる。

キャスティングもやってみますかってことで、小移動。

移動っていっても、同じストラクチャーの別の面に動いただけなんですが、これで全然状況が変わる。

船長から、シンキングのミノー投げてみてってことで、x-80をチョイス。

足元までチェイスしてきたら、8の字で動かしてみてって言われて、まっさかーと思いながら、1投目。

着水後からゴリゴリ巻いてくると、途中でゴンッ!!

寄せてくると、後ろから3匹くらい追いかけてきているではないか!!

な、なんと..。

そっからは暗くなる直前までフィーバータイム。

ミノー投げれば、複数匹チェイスがあって、回収する前にストップ入れたりダートさせたらバクっと食いつくところが丸見え。

壁際のいいところにキャストが決まれば、連発も当たり前。

ランディング前にバレても、そのままルアーをふぉーるさせれば追いかけてきた別の個体が食いつく。

ルドラみたいなでかいミノーでも釣れ釣れ。

レンジが下がったと思えば、鉄板バイブレーションを投げて、81cmのランカーも釣れる。

81cm!?

だいたい釣れるのは40~60cmくらいのサイズだったのですが、これはほんとにデカかった..。

抱えてたら、重くてかなり腕が疲れました。

ランディング直前のエラ洗いでルアーが外れちゃったんですが、船長のナイスタモ捌きでギリギリゲットでした。

普段、ちゃんとサイズを測らないのでよく分かりませんが、たぶん最大サイズ更新したと思われ。

ルアーは、マリアのカーボンバイブ。イワシのキラメキを研究して作られているらしい。やるな。

ミノーのただ巻きで釣れなくなったら、ダートさせて横に飛ばしたり、ストップ入れてみたり。

バイブレーションでは、カウントダウンしてレンジを探ってみたり、ストップ・アンド・ゴーしてみたり。

ちょっとスレたかなと思っても、1アクション加えると、釣れ続ける感じで超楽しい。

釣れなくてもチェイスしてくるし。

これぞ、東京湾のボートシーバス。いったい一つのポイントに何匹のシーバスがいたんだってくらい釣れた。

一体何匹釣れたのか..。

夕方近くになってきて、ちょこちょこ場所移動。

スピンテールジグでの、ストラクチャー撃ちも一瞬フォールさせて間を与えてあげると、バイトが増える。

夕マズメ~暗くなってからはレンジも上だろってことで、ミノーのデッドスロー。

ルドラやサスケ裂波などで、何本かキャッチ。

最後はワームでカサゴ

暗くなったらもっと釣れるかと思いきや、潮止まりでシーバスは終了。

反応がなくなる。

船長の提案で、残り30分程はジグヘッド&ワームでカサゴげーむ。

14gの静ヘッドとコアマンのアルカリを持ってたのでそれで。

テトラ際やゴロタが沈むエリアにワームをキャスティングしていく。

最初ぜんぜんアタリがなくてもっと簡単に釣れると思ったのに..

と思ってたら、ゴロタポイントで立て続けにヒット。

どれも、リーリングを止めてカーブフォールさせてる時に、ココんとあたりがあるパターン。

尺越えてたかな?ナイスサイズのカサゴ。これくらいの大きさだと、結構ひきますね。

いや、写真は2匹目の小さい方か..?

陸っぱりではなかなか釣れないサイズが出て、思いのほか面白かった..。

数匹釣ったところで、タイムアップ!

大満足のシーバス納めとなりました。

今回お世話になったガイド船はこちら⇒⇒釣日和

2016年の釣り納めは、正月用のタイかブリか!?

陸っぱりもいいけど、オフショアも楽しいね!

 - シーバス-ボートシーバス, シーバス釣行