続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-タックルインプレッション(感想)

FishmanBeamsXspan7.10LHTS届いたので旧江戸川クロダイ狙ってみる

更新日:

先日予約をしていたFishmanの22年新作ロッドが、もう届きました。

第二弾の予約だったんで、9月くらいになると思ってたのでびっくりくりです。

開封してみましょう


早速ダンボールを開封していきましょう。

Fishmanおなじみのケースというか袋です。

厚手でマジックテープもしっかり。

保証書。

きたー。

先端は硬いプラスチックのケースで保護される。

横からみた図。青いエックスがかわよい。

リールシートの部分。このロッドの特徴的な部分のひとつ。

リールシートの裏側。ブランクが露出しててリールを握る手でブランクが触れる。これで感度アップ。

バットと第一ガイドあたりの太さを指で比較。まぁまぁ太いです。

糸を通してみました。らく~。

リーダーはフロロ8号、スナップはDAIWAのワイドスナップM。

ノースフェイスのバックに突っ込んでみた。ちょいはみ出します。

フィールドへGO

旧江戸川河口に来ました。

雨が続いたので、どちゃにごり。干潮からの上げをやるつもりだったのですが、干潮すぎてもずっと上流から下流へ水が流れてました。

釣果はあたりらしきものが1回あっただけで終了。魚体にあたっただけの可能性もあり。

風強くゴミも多くて難しかったです。

12gくらいのルアーをぶら下げた状態。先端にピントがあってなくてごめんなさい。

ウェイト表記は6.6フィートのクローラと同じなんですが、クローラより軽いルアーが投げやすいような気もしました。

長いだけあって飛距離もすこし伸びてたと思います。

やはりショアのシーバスやクロダイなんかにはこれくらいの長さは合ってますね。

今回ゴロタの上でやってて足場がやや不安定だったのですが、船の上でちょい重めのルアーを投げるとしたらクローラの方がいいだろうなとも感じました。

この辺は買う前に考えてた通り。

25gのルアーを遠投したときに遠心力でちょっとよろけて、転けそうになりましたw

足場が安定してないと長いロッド使うのちょとたいへんね。

つーかふつーに7フィート10インチは船で使うには長いか。

テレスコのロッドを使うのが子供の頃以来なので、慣れとかコツの問題かもしれないんですが、ガイドの位置を合わせるのが難しかったです。

仕舞うのは楽ちんだったんですが、釣りを始めるのはちょっと時間がかかりました。

なんかいい方法があるんだろうか??

まとめ。

まだ1回使っただけの感想ですが、大いに満足しております。

ソルトの陸っぱりだと8フィートくらいの長さがあった方が使いやすいっすね。やはり。

久しぶりに電車で伊豆とか行こうかな。色んなところに連れて行こうと思います。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-釣り具, 釣り具-タックルインプレッション(感想)

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.