続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

レインウェア用の洗剤やクリーナー、防水コーティング剤はどれがいい?

      2016/12/27

週末はポケモンGOをダウンロードし、フジロックに行ってきました。

向こうでスリープをゲットしました(・∀・)

雨はふらなかったけど、新調したレインウェアも活躍しましたよ。夜は寒いので。

まさかの同行者とおそろいだったけどな!

店員さんも言ってたけど、コロンビアの新作ウェアは売れてるらしいです。

レインウェアをメンテするのに必要な道具

レインウェアのメンテナンス用品について。

一度買ったものはなるべく長く使いたいので、ちゃんとしたメンテナンス用品を手に入れておこうかと思います。

メンテナンスの手順はこちら

ここでは、メンテに必要なものを確認しときましょう。

レインウェアのメンテナンス用品その1「洗剤」「クリーナー」

メンテナンスに必要なものその1は、洗剤。

防水透湿機能を低下させる原因がウェアに付いた汚れ。

性能を長持ちさせたいなら、洗濯をこまめにする必要がある。

普通の合成洗剤でも洗濯は可能ですが、より性能を長持ちさせたいなら専用の洗剤のほうが良い。

レインウェアは、水の侵入を防ぎ、蒸気は外に逃せるように、非常に細かい穴が空いているわけですが、普通の洗剤だとすすぎきれず穴に詰まってしまう恐れがあるんだとか。

めんどくさいですけど、高級なレインウェアを買ったならば、洗剤もちゃんとしたレイン用を使いたいとこです。

レインウェアのメンテナンス用品その2「撥水剤」

その2は、レインウェアの外側をコーティングする撥水剤。

防水加工のしてあるレインウェアも、何回か選択していると撥水性能が落ちてくる。

これは、撥水剤が流れ落ちてくるから。

撥水剤でまたコーティングしてあげれば、性能は復活する。

撥水剤には、スプレータイプや水で薄めて使う漬け置き型などがある。

熱で効果が復活するという性質もあるようで、乾燥機やアイロンをかけることで復活したりもする。

レイン用洗剤まとめ

レインウェアのメンテナンス用品と言えば、よく聞くのがNIKWAX(ニクワックス)。クリーナーも撥水剤もどっちもある。

どのサイトを見てもNIKWAXが一番の売れ筋なのは間違いないんですが、口コミをみてるとどうもニオイがキツイらしい。

使ったことないので、口コミ情報だけなんですが、どうも薬品臭が強めみたい。

そこで、代替品に上がってくるのが、ギアエイドとモンベルのクリーナー。

ナチュラムで1,000円くらい。

Amazonに在庫がなかったら今送料無料中のナチュラムが安い。(7月現在)

送料抜きに考えれば値段は同じくらいか。

ギアエイド プロクリーナー

僕はギアエイドを購入しました。

ニオイは臭くない。洗濯機のすすぎ2回やってから、桶に水入れて手でジャブジャブしてみたけど、洗剤残りもなし。

アメリカメーカーの物品だけど、使い方の説明書きもちゃんと日本語で書いてありました。

ナチュラム↓

Amazon↓

モンベル ベースクリーナー

どちらも評判は良さげ。

撥水剤・防水スプレーまとめ

水で薄めて使う液体の漬け置きタイプと、最初から薄めてあってスプレーして使えるタイプがある。

こっちもNIKWAX、ギアエイド、モンベルから選べばいいんじゃないでしょうか。

流通量はやっぱりNIKWAXが一番多いみたい。量も色々選べる。

ギアエイド ウォータープルーフィングスプレー

ナチュラム↓

Amazon↓

モンベル SRスプレー

なんとなく、クリーナーと合わせてたいですね。漬け置きタイプの方がムラがでないし効果が高いと思うけど、スプレーは楽ですね。

洗った後に乾かしてから使わなきゃなので、漬け置きだとかなりめんどくさい。洗濯3回~5回に対して1回くらいで良いみたいですが。

まとめ

めんどくさくてメンテしなくなる方がデメリットが大きいと思うので、撥水剤はスプレータイプで。

高級なレインウェアを使っている人や、こまめな性格な方は効果の高い漬け置きタイプで。

価格的には300ml、1,000円くらいがボリュームゾーンというか間違いなさそうなチョイス。

もっと安いのも高いのもあるけど。

NIKWAXは流通量も多いし品質に間違いはなさそうだけど、ニオイに敏感な人は、ギアエイドかモンベルで。

ギアエイドは使ってみたけど、ウェアに変なニオイは付きませんでしたよー。

現場からは以上でーす。

 - 釣り具, 釣り具-アパレル・ファッション, 釣具-アウトドアツール