続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

春のバス釣りシーズン開幕戦!霞ヶ浦本湖と霞水系河川でスピナベフィッシュ

      2015/07/06

14.04.03 記事が最後まで表示されてないバグを修正。

2015年初バスを狙って霞水系へ行ってきました

3月28日 6:00~18:00

予告通り、春のブラックバスを狙って、シーズン開幕戦へ行って参りました。

ここ1週間くらいで、だいぶ暖かくなってきてましたが、水温はどんなもんなのか!スポーニングを控えたバスの春爆はあるのか!できればトップか、スピナーベイトで釣りたい!

なんでバス釣り行く前ってこんなにワクワクするんでしょう?

朝ごはんにドーナッツ決めて、ドンドンドーナッツどーんと行っちゃうぜ?

朝一は流入河川の支流からスタート

朝6時頃から実釣スタート。霞ヶ浦流入河川の支流から。

↓この釣行と同じ場所です。

 

arakawa-fishing.hatenablog.com

 

全体的に浅くて、過去にトップの実績もあるので、ポンパドールJrで岸際を中心にさくさく探って、ここぞというポイントでは、スピニングでシャッドを投げてみる作戦。

がしかし10投しないうちに、ボックスにしまわれるポンパドールJr。

なんだこの生命感のない川は…。

ベイトの群れの姿も見えないし、ライズやボイルもなし。水が汚いのはいつものことなんだけど、泡もなかなか消えないような気がする。

そして、なにより寒い…。

25℃近くまで気温が上がってかなり暖かくなる予報だったので、薄着でやってきてたんですが、外気温は10℃以下。。結局午前中いっぱいめっちゃクラウディー。

少なくとも表層はなさそうな雰囲気。

ルアーをチャターに変えて釣り進むも無反応。ボトムバンプさせてたら、根がかりロスト。

こんな釣れなさそうな場所で買ったばかりのルアーを失くすショックと言ったら。。

アタリも何もないので、移動。

同行者がまさかの魚種をゲット

ちょい下流に移動して、川がワンドして広くなってるところへ。

ここでは、ちょいちょいライズが散見される。

チャターの代わりに赤いスピナベに巻き替えてGO!!

arakawa-fishing.hatenablog.com

と思ったら、すぐに同行者が魚をかける。

上がってきたのが…、まさかの雷魚。

その後は護岸がなくなるまで永遠歩きましたが、バスの姿は拝めずでした。

ただ!スピナベに魚の感触が!2回も!あったんだ!!

お通夜のような雰囲気が漂ってましたが、個人的にはスピナベに来た魚の感触を信じて巻き続けることを決意しておりました。

新利根川へ移動

破竹を一気に下って、新利根川へ移動。合流部からちょい下流。吉田撃がここで釣りをしていた動画を観ていたので行ってみました。

時刻は10時くらい。ここでやっと晴れ間が出てきて、暖かくなってきました。

新利根川に来てみると、土手には車がたくさん。

橋脚回りや水門、ワンドなど目につく場所はことごとく押さえられていました。

秋に来た時より、人が多かったけど釣れてるってことなんでしょうか。

水門で1匹釣ってる人を目撃しただけで移動。

小野川下流のマリーナっぽいところへ移動

地名をよく分かっておりません。マリーナっぽいところへ移動。

船が停泊できるマリーナに水門がいくつか絡む場所です。

バサーは2~3人見かけましたが、ヘラ師の方が多かったかな。

ここではベイトの群れを確認しました。しかも何かに追われるような動きを見せるベイト達を!!

釣れそうな予感がしてましたよ。ええ。

同行者が20gくらいのラバジに赤いキッカーバグで40cmくらいの1本キャッチ。

水門近くの杭に着いてたようです。

腹と肛門がパンパンのプリバスでした。気温は寒かったけど、水中には春がきてる様子です。

私は、頑なにスピナベを投げじゃくってました。ベイトを追いかけるフィッシュイーターを目撃と、アタリ1回あり。(ベイトに引っ掛けただけかも)

俺は、スピナベを、信じて巻く!!

霞ヶ浦本湖の流入河川と本湖へ

昼飯休憩の後、霞ヶ浦本湖に流れ込む流入河川へ移動。

流入河川の河口と、本湖の水門、水門から続くテトラが絡むストレッチと打っていきました。

ここまで来たら、ベイトロッドにスピナベ1本のみで勝負や。

テトラの上に乗って、沈みテトラの際をスローロールでなめるように、スピナベを通す。

これまでアタリ方的に、スローに巻いたほうが良いと感じてました。

ずんずか進んでいくと、沖に杭が何本か突き刺さっているところへ。

杭に向かってキャスト!ボトムをとってスローロール。

杭にあたった感触はあったけど、アタリじゃないねこれは。

手前の沈みテトラを乗り越えて、はい回収。

回収?できない?重いね?ゴミかい?

いやこれはバスです!!!!!

足場が不安定で、ランディングに若干手間取ったけど、無事ゲットーーー!

あぶねー、フッキングはカワイチでした。

腹パンパンのプリバス!サイズは目ジャーで40あるかないかくらい!

スピナベフィッシュうれしーーーーーーーー!!かったです!

夕マズメの破竹川も沈黙

最後は破竹川に戻りましたが、何も起きずで終了。

夕日は綺麗でした。

霞ヶ浦本湖に近いほうが、魚っけがあったようです

今回の釣行では、徐々に霞ヶ浦へ近づいていくルートだったんですが、近づくにつれて魚っけも釣果も上向いていく感じがありました。

やっぱりプリスポーンは、ディープが隣接しているシャローを狙うのがいいってことなんですかね。

あと、プリスポーンに赤が効くというのもホントだったかもしれません。

(赤しか投げてないんですけどね!)

思い込みは大事!

スピナベ投げ切って釣れたんで、とっても嬉しかった釣行でした!

おわり!

 - バス釣り-霞水系, バス釣り釣行