続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-タックルインプレッション(感想)

【ベイトシーバス】21ジリオンSV最高すぎ問題【飛距離はんぱない】

更新日:

36mmスプールだったらなーとか言ってごめんなさい。

皆さんどうもこんにちは。

ジリオンSVを1ヶ月ほど使ったので、感想を残しておきます。

それにしても急に冬がきましたね。気温の変化に体がついていきません。

今年は陸っぱりのモチベーションが高く、特に先日のプチ秋爆から荒川シーバスを求めて近所のポイントに通っております。

いうてバイト連発した日以降、本流のポイントからはイナッコもシーバスもどっかいっちゃったぽいんですが。

支流の明暗で大量のイナッコにボイルしてたのは見つけたんですが、一雨ふってそれも消えてしまいました。

引っ掛けたイナッコ。ちょうど12cmルアーのサイズ。

なぜかいま本流のポイントにいるイナッコはこれより小さいやつらばっかなんすよね。イナッコじゃないのかな?別の稚魚?

すみません。話がそれました。

そんな感じで平日含めて結構釣りはしててずっとジリオンSVを使ってるんですが、このリール最高すぎん?

12cmクラスのルアーがぶっ飛ぶ

重さでいうと20gくらいのルアーがドンピシャでぶっ飛ぶます。

ロンジンのハイスタンダードがスピニングと遜色ないレベルの飛距離を叩き出しております。

船で隣り合って投げてたので間違いない。

スイッチヒッター105Sも信じられんくらい飛んだなぁ。

自分のイメージと実際の飛距離が違いすぎて危うく障害物にぶち当ててルアーをぶっ壊すところでした。

36mmスプールのリョウガより飛んでると思います。

20~25gまでがぶっ飛びゾーンという印象です。ブレーキの設定は普段が4、向かい風なら6くらいです。

9cmルアーも投げやすい

当然ですが、9cmのルアーはリョウガより投げやすいです。

9cmルアーはだいたい15g~10gというイメージ。

15gのルアーだとめちゃ飛びますね。ブレーキ4で振り抜けます。

10gくらいだとさすがにスピニングの領域だとは思いますが、僕はブレーキ6~10くらいで投げてます。

めっちゃ飛ぶってわけじゃあないけれど、ストレスなく使えます。

上は30gくらいまでが適正範囲かなぁ?

重めの12cmルアーだと30gくらいまであると思うのですが、ブレーキ4の設定で投げられるのが30gまでかなぁという印象です。

30gを超えるルアーを投げる場合は、ブレーキをしっかり効かせた方がよきかなと思います。

SVスプールはブレーキをかなり効かせられるのでロッドが大丈夫ならビックベイトでも問題ないという印象ですが、PEの2号を巻いてあるのでビックベイトを投げる気にはなれません。

セッティング

pe2号150m巻いてパンパンです。

糸巻き量の上限までラインを巻いてるので慣性はマシマシです。

ラインをいっぱいに巻くとリールによっては投げづらくなることもあるんですが、ジリオンSVはめちゃ投げやすくて最高です。

ビックベイト使うならPE3号を150m巻きたいところなので、その場合はジリオンHDTWがよいということになろうかと思います。

オイルはボアードの粘度真ん中のやつ。サラサラすぎないオイルが投げやすい説が自分の中にあります。

脱脂とかはめんどくさいのでやってません。

感想まとめ

守備範囲は10g~30g、15g~25gが最高に投げやすい。特に20gはぶっ飛び。

ベイトシーバスは34mmスプールでよかったんや!ジリオンHDTWのスペックみて36mmスプールがよかったなんて言ってごめんなさい。

どうせ30g以上のシーバスルアーなんてほとんど使わないんだから、34mmスプールが大正義やったんや!という感想です。

使わずに○○だったらよかったーとかプレビューもどきのことを書いてる素人を信じてはいけないw

ジリオンSVはベイトシーバスに最高に向いているリールでした。

リョウガがあるから出番がかなり限定されるんだけど、ジリオンHDTWも使ってみたいなぁ。

楽天のポイント貯めて買おうかしら。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-釣り具, 釣り具-タックルインプレッション(感想)

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.