続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

シーバス-荒川 シーバス釣行

モアザンスライでシーバスキャッチ!ひき波がいい感じ

投稿日:

大潮後半の荒川へ、シーバス狙いで出動。

河口の満潮から1時間後くらい。すでに下げの流れが出始めている。

風は微風で、水面は多少揺れているが、ライズが出れば分かるレベル。

とても良いコンディションですね。超期待。

ポイントまで川辺を歩いていると、岸近くでライズを何回か確認。

ルアーは、最近お気に入りのモアザン スライ。

カラーは鉄板のハッピーレモン。バチでもハクイナッコパターンでも使えるカラー。

開始数投で、ウグイゲット。

まぁ、そうだろうと思いました。

手前のライズはウグイっぽいなぁ。

と、思ってたら、気持ち流れが強くなってきたかなというタイミングで、潮目が近づいてくる。

デッドスローより少し早め、しっかり曳き波が出るスピードで、潮目の向こう側からツツーっと引っ張って来ると..

ボシュッ、じゃばじゃば!!

これは、シーバス(にっこり)


45cm弱。

ちょっと小さいけど、最初は元気が良くてもっといいサイズかと思いました。

その後は、水深のあるポイントに移動して、サイズアップを目論みましたが、数回の小さいバイトで終了。

何食ってるのか分かりませんね。

バチは目視も出来ないし、ルアーにも引っかかりませんでした。

中流域では、運河みたいに曳き波たてて泳いでるバチって見ないんですけど、それでもスライ釣れますね。

沖の方では曳き波系のバチが泳いでるんかな?それともハクパターン?

まぁどうせ、バチかハクを意識してるんだろうから、ちょうどスライがハマるんでしょう。

凪いでいる時は、エリア10とモアザンスライ、風が吹いたらマニックでこの時期は間違いないですなぁ。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-シーバス-荒川, シーバス釣行

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.