続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-買い物

新しいベイトロッドの検討。FISHMAN RIPLOUTかLOWERか。

更新日:

オフショアフィッシングを始め、釣りの幅を広げようとしているので、もう1本ベイトロッドが欲しくなっている。

ついでに、使わないロッドが増えるのも困りモノだし、資金にするためにタックルを整理しようと考えています。

去年、FISHMANのBrist5.10MXHを購入した。

[nlink url="http://www.arakawafishing.com/post-2837/"]

分かってたことだけど、陸っぱりのシーバスやバスではちょっと硬いすぎ。

まぁ最初からビックベイト用と思って導入したんですが。

ボートシーバスでも、鉄板バイブやジギングにはちょうど良かったけど、ハチマルみたいな軽量ルアーは扱いにくかった。

そして、40cm以下の魚じゃパワーが強すぎて、完全にオーバースペック..。

欲しいのはもう少ししなやかなロッド。10g以下のルアーを気持ちよくキャストできるロッド。レギュラーサイズの魚と遊べるロッド。

FISHMANのロッドを買う場合、なるべくいろんな場面で使い倒したいと考えている。

これまで体験した釣りでいうと、タイラバ、ライトジギング、ショアシーバス、ボートシーバスこの辺をカバーするロッド。

Brist5.10MXHは、ジギングとビックベイト用に使う。

候補に上がるモデルはこれら。

  • Brist 5.10LH
  • BeamsRIPLOUT 7.8ML
  • BeamsLOWER 7.3L
  • Beams inte 7.9UL

硬い順に並べるとこんな感じになる。

下2つは2017年の新作で、7.9ULはフィッシングショーで曲げさせてもらったけど、めちゃくちゃしなやかなのにバットがめっちゃ粘る面白ロッドだった。

曲げた感じこのバットパワーならタイラバにも行けるんちゃうかと思うくらい。

想定されてるのは、アジングとかメバリングなのだが、スズキサイズのシーバスがかかっても上げられる竿に仕上がってるんだとか。

でもアジングロッドは買っちゃったから、優先順位は低め。

Brist5.10LHは、ボートでの釣りには最適だと思うのだが、だったら最初からこっちにしておけばよかったと考えてしまう。

一番迷うのは、「BeamsRIPLOUT 7.8ML」と「BeamsLOWER 7.3L」。

元々、次買うならRIPLOUTかなぁと思ってた所に、新作のLOWERが出て、迷ってしまっている。

ボートで使うことを考えたら7.3の方が良いけど、一番釣行頻度の高いショアシーバスでは7.8MLが有利...。

調べたらタイラバロッドでも7フィート台のロッドはあるみたいだけど、長いロッドは絶対に手首が疲れる。

ショアからだと、少し重めのバイブレーションなどを投げようと思うとLは柔らかい気もするし..。

でもエリア10くらいの軽いルアーはLの方が投げやすいだろうなぁ..。

うーーむ。ちょっと整理してみよう。

こうしてみると5.10LHもやっぱりいいなぁ。

調べてみると天竜に7.9フィートのタイラバロッドがあったりするので、RIPLOUTの7.8フィートでもいけるかなぁ。

バーチカルはいいとしても、ボートシーバスには長すぎ?キャストは難しいかな..。

でもシイラとか青物キャスティングロッド見てると、これくらいの長さあるんですよねぇ。

FISHEMANでいうと8フィートのMARINOっていうモデルは、ボートキャスティング用ってことになってるし、いけるんかな。

まず、ラブラックスとかスピニング一式売却して、RIPLOUT買ってシーバスタックル入れ替えちゃうかな。

その後RIPLOUT使いつつ、お金貯めてからLowerとLH買うのがベストだろうか。

今、バチ抜けシーバスとタイラバが頭の中の大きな部分を締めてるから、Lowerが先かな?

気がついたら買う順番のことを考えていた。

うん。結局、全部欲しくなっちゃってる。

-釣り具, 釣り具-買い物

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.