続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

荒川中流域の某人気水門前水路でベイト乱舞!簡単には釣れない奴

   

最近、仕事が立て込んでいるのもあって、ブログを書く気力と時間がない..!新規投稿は滞ってますが、平日2日連続で近所にシーバス調査に行ってきました。

2日間とも1時間くらいの短時間釣行。大潮後の中潮でした。20時~21時頃の下げ始め狙いで。

まぁ、釣れなかったんですけどね。でも某水門では、ベイトがすごいことになってましたよ。状況だけ報告しときます。

Day1 荒川中流域の人気水門前の水路でシーバス

荒川中流域のバス釣り人気ポイントであるところの某水門へ。小さい水門と大きい水門があるところの小さい方の水門前水路。

横の広場で学生が花火をしてました。リア充を横目にスナップ結んで、水路へ向かったら何か流れ込みのようなざざざーという音が聞こえます。

ここのところ増水しているので、どっかから排水されているのかなと想像しながら、見渡せる場所まで歩いてみると、音の発生源は水面!

水路一面にベイトの群れ!大量のベイトが逃げ惑ってる音でした。

  
写真じゃ分かりずらい…

たぶんイナッコなんですよねぇ?たまにジャンプする親ボラもいました。イナッコも10cm以上のサイズに成長してるみたいで群れが一斉に動き出した時の水押しが強い!

捕食音や捕食者の姿は見えなかったけど、時折ベイトの群れが不規則な方向に散ったり、一斉に泳ぎ出したりするので、フィッシュイーターはいたと思います。

でも釣れない。まぁ、こんだけエサがいたらルアーが見つからないのかも知れません。

いやマジでみんなに見せたかったです。あの光景。

毎晩犬の散歩で通ってると言っていた通りすがりのおばちゃんも、こんなの初めて。と言っていました。

珍しいのは分かったから、水面をライトで照らすのやめて。

表層→中層→ボトムと持てるルアーを総動員してレンジを変えてみたんですが、太刀打ちできず。レンジじゃなくてアクションとかコースとか他の要素が合ってないのかな~。流れもなかったしな~。シーバスもイージーには釣れません。

あと、水路内はゴミが多くて難しかったです。

少しだけ本流も見に行きましたが、水路ほどベイトは騒がしくありませんでした。

Day2 荒川支流の橋脚明暗

5月に調子の良かった支流へ。

もう一度、同じ場所へ行くか迷いましたが、こっちの状況も見たかったので。

この日は風が強かったです。しかも下げの流れとは逆向き。

潮止まりから下げ始め1時間って感じでしたが、なかなかいい感じにドリフト出来ませんでした。

2ヶ月前はベイトがたくさんいて、先月はベイトがいなくなってましたが、この日は多少ベイトの動きが確認できました。

フィッシュイーターに追われてるっぽい動きだったので、シーバスが戻ってきているかも知れません。

支流もずいぶん増水してましたねぇ。エキスパートな人たちのブログを読んでると、水量が安定してくると釣果もついてくる的な話しを聞くので、今後に期待ですかね。

 - シーバス-荒川, シーバス-荒川支流, シーバス釣行