続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

ボトムの魚を釣る、デジ巻きのやり方-エリアトラウトのテクニック

      2015/07/06

デジ巻きとは

真冬などにボトムに張り付いたトラウトを釣るためのテクニックです。

ボトムズル引きでは反応しないトラウトを釣ることができます。

ボトムから跳ねるように巻き上げて、フォール。巻き上げてフォールを繰り返します。

横の動きに反応がない時でも、タテの動きを入れると反応がよかったりします。ボトムに張り付いたトラウトは特にそうだなと感じます。

操作するのはリールのみです。ロッドでアクションさせないので、フォール時のアタリが取りやすいです。

デジ巻きのやり方

デジ巻きの操作は、ロッドは動かさずにリーリングのみで行います。

ロッドは立てるか、水平に構えます。ラインの動きでもあたりをとりますので、なるべく水面から上の方にラインがでるようにします。

まずは、テンションフォールさせて、ボトムをとります。ラインがたるんだら着底ですね。

基本はそこから、リールを4分の1くらい巻いて止める。止めている間はテンションフォールしますので、着底を待ちます。

着底してラインがたるんだら、またリールを4分の1くらい巻いて止める。着底したら、また4分の1巻いて止める。

これを繰り返します。

デジ巻きのアタリの取り方

トラウトが食ってくるタイミングは、フォール中、着底時、巻き上げ時のすべてにチャンスがあります。

リールを巻いた時のあたりは、分かるというか、勝手に乗ります。

フォール中のあたりも、テンションフォールさせてますので、だいたいはロッドで感じることができます。

ただ、フォール中、着底時のアタリはロッドで感じられないこともあります。

そのアタリをとるため、フォール中にはラインの動きに注意します。

アタリの出方としては、

  • ラインが震える・動く
  • 着底してもラインがたるまない
  • ラインがふけるタイミングが早い・遅い

などがあります。

デジ巻きを同じリズムで行っていると、着底してラインがふけるタイミングは掴めると思います。

ラインの動きに違和感があったら合わせてみましょう。

デジ巻きのオプションテクニック

上で、4分の1巻いて止める、と説明しましたが、状況に応じて、巻く量やスピード、止める感覚を変えて色々試してみましょう。

釣れるやり方は、日によって違う場合があります。

細かく巻いて止めるを繰り返すパターン

1回転させて、着底後に2秒置くパターン

4分の1巻くけど、ゆっくり巻くパターン

など、いろいろ試してみてください。

デジ巻きを覚えると、冬の釣果はかなり伸びますよ!

デジ巻きに適したスプーンがあります

立ち上がりの早いスプーンがデジ巻きに適していると言われています。

また、基本的には浮き上がる力の強いスプーンを使うことが多いです。

代表的なのは、アイビーラインのペンタです。

カラーは黒や茶色など、ダーク系のカラーを使うのが一般的です。

IVYLINE(アイビーライン) Penta 1.3g D02シブチャ

IVYLINE(アイビーライン) Penta 1.3g D02シブチャ

?

他にもデジ巻きに使えるスプーンはありますが、僕はほとんどこれしか使いません。

だいたいパッケージにデジ巻きに適しているかどうかは書いてあると思いますので、注目してみてください。

エリアトラウトのテクニック・目次ページを作りました

管釣り初心者向けエリアトラウトのテクニック-目次 – 荒川へ釣りに行く-バス、シーバス、ナマズ、エリア、ソルトも

 - 釣り方, 釣り方-エリアトラウト