続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-タックルインプレッション(感想)

【感想】新しくなったZOFFの偏光メガネを試しました【レビュー】

更新日:

長らく愛用していたZoffの偏光グラスが新しくなりました。

↓旧バージョンを紹介した記事

24時間以上使用しましたので、感想などを記しておこうと思います。

結論からいうと新バージョンも相変わらず有能でおすすめです。

Zoffの偏光グラスの概要

ZOFFの商品紹介ページ

度付きの偏光グラスがこの値段で手に入るというところが素晴らしいですね。

ちゃんとした度付きの偏光グラスを作ろうとすると少なくとも倍の値段は必要です。

なんでZoffの偏光メガネが安いかというと、度付きのレンズの上に偏光のフィルターを被せるスタイルだからです。

レンズの色は3色セットになっているところもお買い得ポイントです。

フレームなどの外観をチェック

フレームとレンズだけにした状態

旧バージョンは横長のフレームだったのが変わっていますね。新バージョンはオーソドックスなサングラスっぽい形というんでしょうか。

個人的にはこっちの方が好きな形です。

グラスは全3色

ブラック、ブラウン、イエローの3色がセットになってます。

光量によって使い分けが可能になってます。

旧バージョンは左右のフィルターが別々になっていたのですが、新バージョンは一体になっているところも違いがあります。

こんな感じでカチッとはめ込みます。

マグネットを使ってないので、汚れにくいというのも推しポイントみたいです。

外でマグネット製品使うと砂鉄で汚れることがありますからなぁ。

偏光フィルターをつけた状態

隙間なくハマります。

鼻と耳の部分

ちょっと柔らかい素材になってます。

鼻パッドはちょっと高くなってますね。つけ心地は良くなってると感じます。

耳の部分に関しては旧バージョンは、使っているうちにとれちゃって交換した記憶があります。

こんどはとれないといいなぁ。

24時間以上使ってみた感想

主に船釣りの時に使ってたんで、どれだけ水の中を見通せるのかについては正直よくわかりませんw

普通に偏光メガネとしていい感じには使えてます。(潮をかぶってかなり汚れていて申し訳ありませんw)

これをかけると水中が見えやすくなるのは間違いありません。

もうあまり管釣りにはいかなくなってしまったので、あれがあれなんですが、荒川のオカッパリでちょっと使ってみた感じでは、旧バージョン同様普通の偏光メガネとして機能してるなって思います。

度付きの偏光グラス欲しいけど値段が高くて躊躇してる人にとってはマジで神アイテムだと思いますよ。

僕はコンタクトが苦手なので、このアイテムにはかなり助けられてます。

こちらからは以上です。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-釣り具, 釣り具-タックルインプレッション(感想)

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.