続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

シーバス-荒川 シーバス釣行

夜明け前のナイトシーバス!またしてもイナッコの群れに遭遇

更新日:

ナマズにフラレてシーバスで延長戦!

橋脚の明暗、ベイト追われてる?

まずは橋脚の明暗部へ。

ベイトがたくさんいたわけじゃないけど、水面付近を泳いでるのがわかる。

時折ベイトが何かに追われるような不自然な動き。

ボイルはないものの、いい雰囲気。

釣れなかったけど。

水路には今日もベイトがたくさん。正体は...

水門前の水路に移動。気がついたら橋脚で2時間弱やってました。

ベイトの様子を確認するためにしばらくキャストしないで観察。

ベイトは相変わらずたくさんいますねー。

ほどなく、ベイトの群れがワッサーとざわめいて、ドフっとボイル音!

ボイル祭りが始まってたーーー!!

これが夏のイナッコボイルってやつですね。ボイルしているのに簡単には釣れないという噂の。

はい。私にもなかなか釣れませんでした。

ボイルはボコボコ出続けてたんですけども。2時間くらいやって体力が切れて、帰りました。

食われているベイトは数回引っ掛けました。

餌の正体はやっぱり、イナッコ。

  

7cm、12cmくらいの2サイズ。

エリア10とサスケ裂波くらい。

様子を観察するに、ベイトを追い掛け回しているというより、定点に潜んで下から食いあげてるような感じでしたね。

ボイルはほとんど同じ場所、そして単発で起きてました。追い掛け回しているときは連続でボイルしてたからなー。

それと、数匹のシーバスがついてた模様です。

こいつら釣りてぇー!

タックルケースを一つしか持って行ってなかったので、装備品整えてまた狙いに行くぜぇい!

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-シーバス-荒川, シーバス釣行

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.