続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

爆風により撤退。強風の中でも水面直下で使えるミノーってどれよ?

   

1投目ラインブレイクの翌日、対策としてリーダーを4号フロロ(リーダー専用ライン)に変更、ドラグはさらに緩くして、同じ潮位狙いで荒川へ行ってみました。

ちょうど着いた時にすれ違いで常連さんが75cmを上げたという話しを聞く。

やっぱこの潮位で時合が来るのか?

家出る前から分かってましたが、風が強い…。水面ババ荒れ。

やがて1時間くらいで心が折れて退散しました。

表層直下が波立っちゃってて、エリア10じゃ泳いでる気がしない。

それで、気が付きました。自分のタックルケースの中に足りないルアーがあることに。

水面が波立つくらいの強風で使える表層系ミノーがない。

持ってるルアーの中で考えてみると、

エリア10には重心移動タイプのエリア10EVOってのがあって、これは多少風が吹いて飛距離を出したい時に使ってたんですが、泳ぎ自体はそんなに変わらないので、今回のシチュエーションにそぐわない気がした。

マリブは水噛みが良さげなんでちゃんと泳ぎそうだけど、レンジが入りすぎてる気がした。ていうか底擦りそうで怖い。水深1m以下だと思うんで。

x-80も泳ぎは安定してそうだけど、レンジ入りすぎ。

sasuke96SSは?裂波が磯などで使われてることを考えると、これはちゃんと泳いでくれてそう。でももうちょっと上のレンジを通せれば釣れてたんちゃう?

今まで適当に釣れると言われるルアーを買って、持っているルアーの中から投げるルアーを決めてたところがあったが、そろそろステップアップするべき時が来たようだ。

ということで、強風時にしっかり泳いでくれるミノーについてちょっとリサーチしてみた。

強風荒れた水面で使えるミノーってどんなの?

イメージ的には、水噛みが良くどっしりとした動きで泳ぐルアー。

風で揺れてる水面直下をルアー本来の動きで泳ぎ切ってくれるルアー。

風と水に煽られて変な動きをしないルアー。

そもそも動きの軽いルアーだと、風に煽られて手元に何の感触も得られないので、どこをどう動いてるのか把握できない。

荒れた場面でも手元に情報を伝えてくれて、想定された動きをしてくれるルアー。

そして、水深1mくらいのシャローを通したいので、水面直下を泳ぐルアー。

強風が吹いた時にはこういうルアーが必要。

そんなルアー達がこちら。

コモモカウンター ima

コモモシリーズには、スリムやらドロップやら色んな種類が出てますが、そのうちの一つ、カウンター。

カウンターはスローシンキングで、強い流れを受けても暴れないようにアクションが抑えられているモデル。

強い流れに対応したモデルだけに強風で荒れた場面でも強そう。

コモモなんでサスケより浅いレンジを引けそう。

コモモシリーズの特性についてはアイマのサイトに詳しい。

サイズは110か、90か。

10cm以上のルアーってちょっと投げるのに躊躇してしまうんだけど、コモモの90ってちょっとずんぐりむっくりなんですよねぇ。

グラバーHi 邪道

大野ゆうきプロデュースの邪道ルアー。

グラバーHiはデイでも使えるミノー。つまり、高速巻きで巻いても動きが破綻しない安定したルアー。

ということは、強い流れの中や荒れた中でも使えそう。

リップ付きだし、水噛みも良さそうですね。

速巻きだとハイピッチなロールをして、スローだとS字のような軌道になるようです。

夜だとちょっとレンジが入りすぎですかねぇ。でも先行者さんはこれで釣ったようです。

まとめ

調べてみたら、サスケSSでも対応できるような気もしてきた。笑

もうちょっと調べて適宜追加したいと思います。

デイでも使えるって点がグラバーHiいいですね。

コモモはブランド的にも持っておきたい。

何か、いいのあったら教えて下さい。

 - 釣り具, 釣り具-おすすめルアー