続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

ソルトルアーフィッシング-房総半島 ソルトルアーフィッシング釣行 釣り具 釣り具-タックルインプレッション(感想) 釣り具-フィッシングツール

遠征前の肩慣らし!インティレイも使ってみた。

更新日:


最近、全然釣れてないけど大丈夫か?

台風はどうやらギリギリ何とかなりそうなんですが、僕の釣運がやばいです。

浜金谷港で安定のボウズを喰らいました。何連敗中なんだろう...。

同行者はルアーで、アジ・マゴチをゲット。

エサの人は15cmくらいのアジを連発してました。

ルアーってやっぱ釣れないんですね。

エサ強し。

前回の台風の影響も残ってましたね。水は濁ってるし、ゴミも多かった。

それでもアジは普通に釣れるということが分かったのは収穫でした。

今回は遠征に備えて、色々装備を整えていたので、かる~くインプレッションもどきを。

ハピソン チェストライト「インティレイ」

Tポイントが溜まってたので、高級なライトを買ってみました。

アジングで有名な34とハピソンがコラボしたモデル。

首から下げて使うライトです。

光を一点に集中するライトと、周囲を照らすライトが搭載されていて、明るさはそれぞれ200ルーメン。

ライト全部を一斉に照らすブーストモード時の明るさは最大600ルーメン。

その他に、赤色ライトも搭載されている。

今まで使っていたライトが50ルーメンのものだったので、めちゃくちゃ明るく感じました。

200ルーメンで手元を照らすと、FGノットも結びやすかったです。

ヘッドライトを首から下げる時の弱点として、ちょっと動くとぶらぶらして手元を照らしにくい、というのがあるんですが、インティレイはバランスがよく動きにくいという触れ込みです。

実際使用した感じでは、まったく動かないわけじゃなく、移動中は普通に動きますが、手元を照らしたいようなときにはいい感じに収まってると実感できます。

高いだけあって、使いやすいです。

でもさすがに単3電池を4つ使っているだけあって、やっぱり若干重い。

ヘッドライトを首から下げてる時よりは楽ですけど。

これも重さを感じづらいようにバランスを計算しているんだとか。

軽くはないけど、辛くもない。という感じ。

総じて値段なりの満足感は得られるかなと思います。

おすすめ記事一覧

1

冬の釣りであると捗るもの圧倒的第一位、防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段するし。 これは失敗でき ...

2

「レインウェア」、釣りを始めとするアウトドアの必須アイテムでございます。 雨露から体を守るだけでなく、ちょいと肌寒い時や街着としても活用できるデザイン性の高い物品もあります。 この記事は5年間愛用して ...

3

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

4

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

5

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-ソルトルアーフィッシング-房総半島, ソルトルアーフィッシング釣行, 釣り具, 釣り具-タックルインプレッション(感想), 釣り具-フィッシングツール

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.