続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

水路のイナッコボイルが始まっているのか確認に行ってきました

   

夏になると、沖の青潮(魚にとって居心地の悪い水質)が近づいてきたり、海水温の上昇したりで、ベイトが河川を登り、それを追って海にいたシーバスも河川の中に入ってくる。

同時にこの時期になると、イナッコやハクが河川のシャローに巨大な群れをなして固まるようになる。

すると、条件が揃うと、汽水域のシャローでシーバスのボイルがわっちゃわっちゃしだすことがある。

シャローだからトップでもバイトが出る。楽しい季節がやってまいります。

昨日はそんな場所、大量のイナッコが沸き、シーバスのボイルが連発してるのになかなか釣れなかった水路が、始まっているかどうか確認に行ってまいりました。

ひっさしぶりに5時ダッシュ出来たので、暗くなるまでダーツ投げて、飯食って、夜中の荒川へ。

結果的には水路にはまだ魚は溜まっておらず。

ここはまだ始まってなかったか…。そろそろだと思うんだけどな。

本流も、風はいい感じの微風だったけど、流れがぜんぜんなし。

でも、場所によってはハクやイナッコは固まり始めてるようです。

やっぱ潮の動く午前中のほうが良さそうな感じはします。

夜のうちに岸際にイナッコが寄り、早朝潮が引いて居場所がなくなり沖に出るタイミングでブレイクに潜んでいたシーバスがバコンっとボイルするような場所。

週末は早起きして、釣り&サイクリング&ポケモンGOかな。

夜にあのナマズポイントにも行きたいんが。どうしよう。

河川敷は夏の匂いがしました。

梅雨も開けましたね。

久しぶりに嗅いだなあの草の匂い。

 - シーバス-荒川, シーバス釣行