続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

デイでも反応あるし、荒川支流域にもシーバスが入り始めたようです

   

ここのところ釣りに行ける日に限って天気が悪いんですが、ちょいちょいシーバス釣りには行っております。


最近のシーバス釣りのテーマは、「デイゲーム」と「ドリフト」。

デイゲームは楽しい

先週末は、荒川本流のデイゲームでバイブレーションを引き倒して来たんですが、鯉のスレがかりたくさん&シーバスの足元バイトでフィニッシュ。

シーバスは岸際に潜んでいたらしく、バイトシーン丸見えでフックアップせずでしたが、興奮しました。

油断してる時にくるんだもんなー。

鯉のスレもタックルが強いから余裕!

デイゲームは色々見えるから楽しい。

春は圧倒的に港湾部や運河の方が魚影は濃いと思いますが、中流域でもちょいちょい反応は得られております。

荒川支流にもシーバスの反応が出始めました

荒川中流以降、秋ヶ瀬の堰までにもいくつか支流があります。

新河岸川、中川、綾瀬川、芝川、元荒川、鴨川などなど。

全部を調査してるわけじゃないけれど、バチ抜けの終息に合わせて定期的に様子を見に行ってたんですが、先週ようやく反応を得られました。

バラシたけどな!

2発目のエラ洗いで外されてしまいました。アワセが甘いと思ったんだよ..。

支流はいつもナイトゲームで明暗をドリフトで狙うのをやってます。

「流されるラインをコントロールして、U字やしの字にドリフトさせてルアーがターンするタイミングをシーバスが捕食をしている場所に合わせる」

こんな感じでターンする場所を明暗の境目に合わせるのがドリフトの基本かと思うんですが、最近はラインとルアーの進入角度を意識してやっています。

先日はベイトのもじりが見えてたのになかなか釣れず、ドリフトの角度を色々試してみました。

かなりアップに投げてからラインを先行させてルアーの頭が完全下流を向くくらいに角度を調整、そのまま明暗の境に侵入させたらバイトが得られて感動しました。

これがよくプロが言う流れに同調させるってことなのか..?

まぁ、ラインがかなりたるんでて合わせが効かず速攻でバレたんですけどね。

もうちょい知見が得られたらドリフトに関しての記事を書きたいと思います。

貝は釣果に入りますか?@若洲

ということで、魚の写真がないのですが、貝は釣れました。


ジグヘッドのオモリ部分をばっくり。

ルアーはアオイソメ。

レジットデザインのアジングロッドで釣りました。(ニッコリ)

 - シーバス-荒川, シーバス-荒川支流, シーバス釣行, ソルトルアーフィッシング釣行