続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

Brist5.10MXHにT3SV+PE2号付けて、ミニエントで40m先の橋脚を狙う

   

週末の昼間、花粉症でぐったりしながらも、暖かくて気持ちよさそうだったので、荒川へルアーを投げに行ってきました。

上げの荒川、橋脚下にエントリー。

水中には、ハクっぽい小さいベイトの群れが見えました。春ですねぇ。

いつもBristにはビッグシューターコンパクト、PE2号をセットしてるんですが、この日はT3SVをセット。

どれくらいキャストフィールが変わるか確認してみました。(購入から1年弱たってやっと..笑)

最初は、空気抵抗が少なく重さもある投げやすいルアーから。ブルースコードⅡ110をセットする。ぶっ飛び系のシンペン。

ブレーキも保守的に。マグフォースは真ん中、ブレーキは16くらいで。

軽くアップ的なキャストで、40mほど飛ぶ。やっぱ1ozくらいのルアーはいい感じに投げられる。

調子が出てきたところで、マグフォースをロングキャストモードに変更して投げる。

あまり力入れてないのにめっちゃ飛ぶ。T3は後半伸びる感じがゴイスーなんだよなぁ。

ブレーキも8くらいにしてみる。

反発を意識して、シャープに、力を込めてみる。

ギューン!

70mくらい飛んだ。全力で投げればあと10mはいけそう。まだまだ余力を感じる。

たしかビッグシューターコンパクトで30gのメタルジグ投げた時は全力で60mくらいだっと思うので、リールの性能を実感する。

なによりブレーキの安定感が良い。やっぱビッグシューターコンパクトはちょっとピーキーなのかな。

マグネットをちゃんと調整すれば良いのかもしれんが。最初に3つにしてから変えてないからな。

次は、ミニエントを装着。ウェイトは11g。

ブレーキは変えずに投げてみる。

お?いけるねぇ。

平均飛距離は40mくらい。ビッグシューターコンパクトだと気を抜くとバックラするブレーキの弱さでも、全然余裕。ノーバックラッシュ。

このクラスの重量だと、ビッグシューターコンパクトで投げるのはかなりキツイ。バックラしないように投げると40mは飛ばせないし。

楽しいのは、弾丸ライナーで40m先の橋脚のキワを狙えること。これはロッドの性能なんですかねぇ。めっちゃ楽しい。

スピニングだとすぐルアーをぶつけちゃうんですが、ベイトだとキワ狙いしてもぶつけないように調整が効きますね。

1回もぶつけなかった。

ライナーで狙うとルアーが視界に入っていて調整がしやすい。

やっぱリール変わるとだいぶキャストに影響出るなぁ。

海水淡水兼用のもっと良いリール欲しくなっちゃうなぁ。

T3svがいま宝の持ち腐れみたいになっちゃってるから、ビッグシューターコンパクトと一緒に売ってカルコンかなー?

うーん、迷う。

魚?釣れませんでした。

 - シーバス-荒川, シーバス釣行