続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-おすすめルアー

チヌポッパー集めました-チニングについて学んでいます。

投稿日:

佐渡ヶ島は9月1日~3日の日程で行ってきます。

せっかく佐渡ヶ島まで行くので、関東では簡単に釣れないものを釣りたいんですが、アオリイカにはまだちょっと早い可能性がある。

一応9月ですが、こっちの肌感覚で言うとまだ夏な時期。

向こうはどうなんでしょうね。でも去年は8月の終わりごろから既に涼しかったか?

それで、イカ以外に釣りたいものも準備しておきたい。

ライトタックルでは、千葉で毎回苦戦しているアジ、高級魚のキジハタを釣りたい(食いたい)。

それと、クロダイ(チヌ)。特に今回はチニングの旅になるんじゃないかと予想しています。

(チニング=クロダイをルアーで狙うゲームのこと)

まず佐渡ヶ島ってクロダイの聖地って言われるほど、魚影が濃いそうです。(たくさん釣りたい!!)

そして季節的にもまだ水中が夏の可能性があり、夏といえばチニングっていうイメージがあるからです。

なんでチニングの季節が夏なのかよく分かりませんが、ポッパーとかトップで釣れるからなんですかね。

なんか、遠浅の砂地に岩混じりのワンドや、河口なんかで、トップウォーターでクロダイが釣れるのが、夏なんだとか。

ということで、チヌ用のルアーには、ラバージグやバイブレーションもありますが、今回はポッパーを重点的に仕入れていこうと考えています。

バス用のポッパーで全然OKだとは思いますが、海水って浮力が変わるし、クロダイは口が小さいので、専用にチューニングしたルアーのほうがフッキングが良さそうな気がします。

(バス用使うなら小さめのベイビークラスのポッパーが良さげ)

トップ楽しいよトップ。

24250860202_aebfdec7dc

photo credit: IMG_0116 via photopin (license)

チヌ用ポッパーのまとめ

どうやらジャクソンとジップベイツがチヌ用ポッパーではよく使われているようです。

それと、専用ポッパーが出る前は、メガバスのPOP-Xがよく使われていたんだとか。

今は、メガバスからも専用ポッパーが出てますね。

使い方はバスと同じように、スプラッシュ、ポッピング、ダイブなどを組み合わせて動かす。

バスとの違いは、ステイを入れると見切られることが多い点だそうです。

一瞬の食いの間程度のステイにしといた方が良さそう。

ジャクソン「RAポップ」

チヌポッパーの先駆け的な存在らしい。

ジップベイツ「ザブラポッパー」

RAポップと同じくらいよく使われている感じがするルアー。

メガバス「ポッピングダック」

POP-Xのちいさいやつでも十分釣れそうだけど、チヌ用に開発されてるのが、ポッピングダック。

シマノ 「ライズポップ65」

シマノからも出てる。

ダイワ「T.Dソルトポッパー65」

TDソルトポッパーの小さいサイズもチニングに使われてる。

ラパラ「五目ポッパー」

アジやメバルも釣れるかもしれない。

まとめ

佐渡まで行けばルアーは何でもいい気もする。

まぁ、こういうのは気分が大事だから...。

他にもペンシルベイトやスウィッシャーでもチヌは釣れるらしい。

-釣り具, 釣り具-おすすめルアー

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.