続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

内房で小鯖が湧いているようです。朝マズメで入れ食い!

   

週末は海へ!行き先は我らがホーム、浜金谷港!!(そこしか知らないだけ)


今回は何が釣れるでしょうか。海はワクワクしますね。

話では夏は青物も回ってくるらしいし、シーバス・ヒラメの実績もある。ということは季節的にはマゴチのチャンスもあるんじゃないか!?

タックルは強気のシーバスタックルとBRISTのみ!

ライトタックルは持って行かなかった。

唯一、既に梅雨に突入しちゃって天気が心配だったけど、夜も朝もめっちゃいい天気で良かった!

金曜夜の浜金谷。予想外に..

人がいなかった。

始めてきた日は、ほとんど他に釣り人がいなかったけど、奇跡的にシーバスが4匹ほど釣れた。

それ以外は、人がいない日は釣れない、釣れる日は人が多いって感じだった。

むしろ人が多すぎるまであるほどに。

釣り人が多いとやる気がなくなるけど、いないといないで釣れる気がしなくなってくる不思議。

一応、様子だけ見てみようと、港内からチェックすると..

なんかキラキラしてるものがいる!

目を凝らしてみると、小魚っぽい。

正体は小鯖(一緒に行った友人がワームでゲット)

フィッシュイーター狙いで、ミノー、ワーム、バイブレーションを投げるもスルー。

ライトタックルでも、食わせるの難しかったみたい。こんな感じで釣れないまま夜は明ける。いつもどおりに。

たしか中潮最終日、23頃満潮だったっと思うんだけど、夜は全然潮が動いてる感じがしなかったですね。

朝マズメ!マゴチ!ヒラメ!シーバス!(妄想)

深夜は結構寒かったです。ホット缶に癒やされました。

3時頃から空がだんだん明るくなってくる。朝マズメキタ!

相変わらず、フィッシュイーター狙い!

主に、未だ釣ったことがないマゴチを夢見て、ボトム付近を執拗に。リフトアンドフォール、巻き上げ、超スロー巻き等、色々やってみる。

反応はなし!終始反応なし!

明るくなってくると人が一気に人が増え始める。ルアーはほとんどエギンガー。たまにバイブレーションらしきものを巻いている人がいた。

あとタコ狙いの人が数人。

イカはだれも釣れてなかったと思う。タコは釣れてた。

あと40cmくらいの青物が1尾だけ釣れてた。

海はやっぱりタイミングがね..。やっぱ地元情報がないと厳しい..。

何が釣れるか分からないワクワク感があるけども。

朝のゴールデンタイムに小鯖乱舞

5時には完全に明るい。水の中が見えるようになると、港内にたくさんいた小鯖が足元を泳いでいるのが目視できた。

ものすごい数やないか..!


友人が夜には釣れなかったワームで入れ食い!

かなりのスピードで巻いたほうが反応がよろしいようでしたね。

ていうか無限に釣れてる。

小鯖乱舞を横目に15gのジグヘッドや、バイブレーションを2時間ほどひたすら遠投してたんですが、途中で心が折れてサビキに切り替え!

ジグサビキ投入したら、一発で釣れる。


ライトタックルだとそこそこ引きも感じるんだけど、強めのタックルしか持ってきてなかったので、ひたすらサビキでプルプル感だけ。

結局、朝の9時頃まで釣れ続け、1人30匹ほどお持ち帰り。

釣果の殆どはサバ。

数匹、イワシがまじり、奇跡的にツバス(ぶりの子ども)が1匹釣れました。


ツバスはちゃんと引きが味わえました。やっぱり一回り大きくなるとぜんぜん違うね。

小鯖は天ぷらで食す

頭を落としてワタ抜いて、頭を落としてワタ抜いて。数が多くて処理が疲れた..。


すべて天ぷらにして食しました。

なかなか美味。

食べきれなかった分はマリネ風にして、翌日完食。

写真は撮り忘れた。

今度はもう少し大きくなったのを釣りたい!

 - ソルトルアーフィッシング-房総半島, ソルトルアーフィッシング釣行