続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

FPベリーズ迦葉山へ、大型ドナルドソントラウトを狙いに行ってきた

   

どうやら関東も梅雨入りみたいですね。

梅雨に入る前にレインウェア買って、記事もアップしようと思ってたのに..。時間の進みが早過ぎるぜ..。

週末は、久しぶりにエリアトラウトに行ってきました。

今年初かな?多分釣り納めでジョイバレーに行った以来です。

行ってきたのは、おすすめ管理釣り場として紹介しているベリーズ迦葉山!

また行きたくなるおすすめトラウト管理釣り場ランキング

ベリーズ迦葉山は、大きなトラウトをバンバン放流するのが魅力の管理釣り場です。

放流する大型トラウトの数÷釣り人の数=「大物指数」が高いと個人的に思っています。

大きいのがたくさん釣れるんですよねぇ。

ちなみに迦葉山の読み方は、「かしょうざん」。

季節的にエリアトラウトはオフシーズンなのが心配でしたが、ベリーズならなんとかなるのか?ということで行ってきた。

朝一から渋い。こういう時にはセニョールを投入

6時前にスタート。すでに太陽が登って明るいけど、若干肌寒い。さすが沼田。

水質はクリア。浮いている魚がたくさん見える。

とりあえず、オレキンやピンクなど強めのカラーで浮いてる魚が反応するかチェック。

2gをロッド立てて速巻きでチェイスはあるけど、バイトしない。

1gに変えてスピードを遅くしても同じくバイトしない。

たまに乗らないアタリがある。

で、カラーを変え、レンジを変え、スピードを変えて、得た感触。

上のほうを意識してる。スピードは遅めにしてじっくり追わせた方が良さげ。

オレキンとか強めでキラキラしたカラーは反応良くない。

白や黄色など膨張色や淡い色は、チェイスが多い。でもなかなか深いバイトにならない。

黒などシルエットはっきり系?水底の色に合わせた茶色やオリーブ系?

この辺のカラーで2バラシくらいはあったけど、釣れねーー!!

まぁ、夏はこんなもんなんだよね。クリアなところはスレるしね。

シビレを切らして、最終兵器を投入。

そして、1投目で釣れる。笑
img_2586.jpg
セニョールは普通に投げて巻くだけでも十分釣れるんだけど、スプーンと一緒でカラーローテーションし、レンジやスピードを工夫することでもっと釣れるようになる。

この日は、レンジは上の方で速巻きの方が反応が良かった。

カラーは僕の持っている中では、グリーンとブラウンがよく釣れた。

逆にオレンジは全然反応がなく、カラーについては結構シビアだった気がする。

普通は、長い距離セニョールの後ろを追尾して、パクッ、針がかりしなくてももう一度パクッみたいな感じで釣れるんだけど、チェイスがなくても足元まで気を抜いてはいけない。

こういうのが足元で食ってきたりするから。

img_2576.jpg
横からすっ飛んできて、そのまま鬼のようなファーストランをしてくれました。

ラインヨレまくり。

後で測ったら53cm。キレイな赤身でした。

ベリーズは「夏でも走る」をテーマに走る魚を選んで放流してるらしい。

大型が釣れるのは放流後だと思ってたので、嬉しい1匹。

放流前のさらに渋い時間帯のクランクはココニョロが当たり

10時を過ぎると手詰まり感が出てくる。

でも、この時間帯はこのクランクで何匹か釣れた。

九重フィッシングリゾートココニョロインジェクション【45mm/約2.5g】

価格:1,404円
(2016/6/6 10:56時点)

ココニョロインジェクションの白。ボーンカラー。

まぁ、ココニョロはこのカラーしか持ってないんですが。

最初にハンドルの2回転させて、10~20cmくらいレンジを入れてからの超スローで釣れた。
img_2578.jpg

キレイなブラウンも釣れた。

待望の放流!だがしかし..!!

お昼すぎに待望の放流タイム!管釣りの楽しさといえば、放流の魚がイージーに釣れること!

だがしかし!放流ポイントが変わってる!

放流ポイントの近くに入っていたと思ってたら、反対側から放流が始まった。

終わった..。と思ってたら、周りで放流魚らしき大きめの魚が釣れ始める。

回ってくるの早っ!!

だがしかし!今回4人で行ってたんですが、二人は複数匹の50cmくらいの放流魚を釣り上げて、残りの二人はノーフィッシュという展開に。

残念ながら、僕は後者のほうでした。

僕ら以外の人も満遍なく大きな放流魚をかけてる様子でした。

放流ポイントの近くしか釣れなかったり、釣れ始めるまで時間がかかる釣り場が多いけど、ベリーズはすぐに釣れてどこでもチャンスが有るっていうのが素晴らしい。

釣れなかったけど。

放流が落ち着いた後に、クラピーで奇跡の一発

そして放流後のテンションが落ち着く。夕方までどうしよう。

と、恐れおののいていたんですが、ジュースを賭けたクラピー縛り勝負中に、50upの放流魚がかかる。

img_2579.jpg

ミディアムクラピーを表層でテロテロ引いてたら釣れた。遠投して数巻後、沖で。

やっぱり表層超スローが今日のパターンか。

カラーも薄ピンクで、この日の傾向は白っぽい淡いカラーって感じだったんでしょうか。

僕には大きいのはこれっきりだったんですが、周りは終日ぽつぽつ大きいのが出ていた。

どんだけ放流してるんだ。

やっぱり釣れない時はセニョールに頼る

最終的にセニョールだよりでぽつぽつ拾い釣りして終了。

スプーンもまったく反応がない訳ではなかったですよ。

水がクリアでチェイスしてくるのが見え見えなんで、口を使いそうで使わなかったり、アマガミだったりしてもどかしく、それが面白い。

だけれどもなかなか釣れないんで、そういう時はセニョールで。

子ども連れて行く人とかは絶対に持って行ったほうが良いと思う一品。

狂ったようにチェイスしてくるんで、ちょうおもしろいです。

マッディなところより、クリアな場所で効果が高いです。

ちなみに、渋い時間帯に大きいのも釣れました。

img_2582.jpg
釣ったの僕じゃないんですけどね。

小さいのも大きいのもセニョール大好き!やっぱ管釣りは釣れないと面白く無いんで、いくつか持ってると飽きずに1日楽しめます。

季節的に渋かったけど、それでも大きいのが複数釣れたし、ベリーズはいい管理釣り場だ!!

 - エリアトラウト, エリアトラウト-ベリーズ沼田