続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

ソルトルアーフィッシング-伊豆 ソルトルアーフィッシング釣行 折りたたみ自転車と釣り

折りたたみ自転車で行く伊豆釣行-1日目01|東伊豆編

更新日:

どうもどうも。お久しぶりです。

GWも終わりますね。

GWは、折りたたみ自転車で輪行(電車に自転車を持ち込んで移動すること)して、東伊豆~南伊豆間を自転車釣行する旅に行ってきました。

日程は1泊2日でしたが、想像以上にアップダウンが激しくて、太ももがやばいことになりました。

でも心配していた天気は晴れor曇りで、最高でした!

伊豆は景色や水の色が綺麗だったなぁ。

埼玉に戻ってきたら爆風でびっくりしましたよ。

去年の佐渡は雨で激寒だったからなぁ。運が良かったです。

DAHONで初輪行!目指すは東伊豆・宇佐美駅!

朝の4時30頃、赤羽駅から電車に乗り込んでデッパツ!

東京駅で湘南新宿ラインに乗り換えて一気に熱海まで。

東京駅からは始発だったのでGWでもガラガラ。混んでたらどうしようと思ってたので良かった。

一応輪行のマナーに則って、先頭車両に乗っときました。

img_2390.jpg

荷物は出来る限りコンパクトにしたつもりだったのだけど、それでも結構な大荷物。重かった。

バックパックにくっついている青いのはソフトクーラーボックス。

2時間ほどで熱海に到着する。iPhoneで本を読んでたのであっという間だった。

電車旅はこれができるから良い。

小田原過ぎた辺りで窓辺から海が見えてテンションが上がる。

熱海についたら、コンビニでおにぎり買って、伊豆急線に乗り換え。10分ほどで最初の目的地に到着!!

img_2393.jpg

無人駅?改札が見たことないシステムだったけど、Suicaは問題なし。

そっから自転車で5分くらいで、漁港へ移動!目指すは宇佐美港。

あっという間に到着。やべぇ、自転車快適すぎる。

輪行バックを仕舞うのも何回か練習しておいたので、余裕でした。自転車折りたたむの含めて、10分かからずです。

img_2398.jpg

水がすげー澄んでる。

天気は基本晴れ。うすーく雲がかかる程度で非常にアウトドア日和。

釣りをする前に、漁港の周りを少し探索。

img_2396.jpg

漁港の先はゴロタ浜になってて、数百メーター先には石積み堤防もあった。

なにここ、超釣れそう。

img_2404.jpg

ゴロタ浜から漁港側を見た図。

到着時もう時刻は7時を回っていて、漁港の先端も石積み堤防も人が入ってました。

港内で1時間ほどライトタックルで釣りしてみたけど、残念ながら何も反応せず。40cmくらいの魚の群れがいたんだけど何だったんだろ。

ここでは、テトラの穴釣りでウツボを釣ってる人を目撃しました。

釣れなかったけど、雰囲気は抜群。2日目の夕マズメはここまで戻ってきて釣りするのもいいなぁ。

img_2405.jpg

漁港の隣にはキレイなトイレのある公園と駐車場、海水浴場も完備。

img_2406.jpg

ここだけではなく、どこもサーファーやダイバーなど釣り人以外のマリンスポーツの人も多かったですね。

予定は詰まってるので、さくっと移動!次の目的地へ!!

宇佐美~伊東~川奈までサイクリング!途中ちょっと釣り

こっからはほぼサイクリング。

宇佐美から川奈までは海沿いを走れて非常に気持ちがいい。道も平坦で走りやすい。

img_2409.jpg

小規模な漁港を横目に(ここでもちょっと投げればよかった)

img_2408.jpg

磯も通りすぎて(歩道から階段で降りられるようになってた)

img_2410.jpg

伊東に行くならハットッヤに到着。

img_2411.jpg

外観は昭和ないい出汁がでてた。旅情がありますね。

サンハトヤの隣には、今風の大きい道の駅があります。伊東マリンタウン。

img_2412.jpg

お土産、レストラン以外にも温泉とか、動物と休憩できるスペースとか色々あった。

img_2414.jpg

外観も何だかシャレオツ。

img_2413.jpg

道の駅の裏側はマリーナになってる。

img_2415.jpg

店員さんおすすめの何とかモモとバニラのアイスクリームと飲むヨーグルトを食して次の目的地へ!

国道135号線をずっと直進していくと、やがて伊東漁港へたどり着く。

伊東漁港はかなり大きい漁港で、釣り人も多そうな気がしたので、手前の砂浜横っちょの防波堤でちょっとだけ釣りしてみた。

ここも見え魚はいたんだけど、反応せず。テトラの隙間に2インチのクローワームを落としてみたけど、ノーバイト。

っていうか、水深がちょっと浅かったですね。テトラの先は岩畳みたいになってて、水深1mくらい。

ライトタックルで届く距離はそんなもん。

堤防の先端がちょっと深くなってたのでネチネチやってみたけどダメでした。

ここでも1時間も釣りせずに移動!次なる目的地、川奈へ!

伊東港から先は国道135号線から枝分かれした海沿いの道を行く。

途中、ホテルの脇に堤防を発見。釣り人が数人いましたね。

この先からアップダウンが激しくなってくる...。

これから、あの山を登ってゆく。

でも道のコンディションや景色は最高。緑のトンネルと海!

頂上に到着。マジで息が切れた。太ももやばい。

駐車場から崖を降りて行って海岸沿いに出られる。

その先が遊歩道になっていて、有名な観光スポット「汐吹岩」がある。

全然、潮吹いてなかった。

まぁ、若潮干潮ですからね。

ちなみに、ここで出会った老夫婦とこの先3回くらい出会った。

坂をぜいぜい登っているところを車から目撃したんだとかw

さらに道なりにすすんで、川奈港へ到着!!

こっちが漁港で、

となりのイルカ浜。

釣り人多し。

川奈港には貸しボート屋さんもある。足場も良さそうだし、釣り人が多いのも頷けます。

時間も12時過ぎということもあって、30分くらい眺めてたけど釣れてる人はいなかった。

お腹が減ったんだけど、飯のために移動するのも面倒だったので、漁港近くの海鮮定食屋さんへIN。

メニューの透け感がやばい。

当日のおすすめ、生しらす丼とわかめの味噌汁を食す。うまし。

金目鯛料理が豊富だったけど、夜に食べたかったので、温存。

昼食後、川奈港では釣りをするスペースがなさそうだったので、さらに進んだ先の堤防へ行ってみる。

こういう平坦な道は自転車で進むのに本当に気持ちがいい。

どんどん細くなる道をずんずん進んでいくと、こじんまりとした漁港に到着。

漁港の前の浜では家族連れがシュノーケリングをしてた。

何か見えたのかな〜。水の透明度は半端がない。

堤防の奥はゴロタ浜が続いてた。

ここも雰囲気いいなぁ。いい時間帯に釣りをしたい。

時間はすでに13時頃。

ここは予定通り、電車で一気に南下する。

グーグルマップで川名駅までの道順を調べると車で5分ちょっとの距離。

楽勝だな。

いきなりこの激坂である。

今回のオチ。

坂はマジでキツイ。

登り切るのに1時間弱かかりました。

荷持なしでもキツイ坂道が、延々と続いて、ずっと自転車を押して歩いてました。

ここで体力を相当消耗して1日目後半に続く...。

-ソルトルアーフィッシング-伊豆, ソルトルアーフィッシング釣行, 折りたたみ自転車と釣り

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.