続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り具 釣り具-おすすめルアー

続・風が強い日のシーバスルアーローテーション

投稿日:

風があまりに強くて、水面が波立ってしまうような場合、フローティングミノーが使い物にならなくなる。

という経験をして、爆風により撤退。強風の中でも水面直下で使えるミノーってどれよ?って記事を書いたら、アンサーエントリー的なものをもらっていたのでご紹介。

強風時のルアーローテーション

ミノー

爆風の中でも水面直下で使えるルアー?

俺的にはミノーで言えばストリームデーモン、タイドミノーこの2種で組み立ててみる。

ストリームデーモンって言えば、エバーグリーンのでっかいミノーですよね。ランカー狙い専用ミノー。

EVERGREEN ストリームデーモン

16cmですって。でかい。

でもたしかに、「ストリーム」て名前が付いていることからも、水噛みがよく流れや風に負けないで泳ぎそうではある。

タイドミノーは色々でてる。DUO タイドミノー

小さいサイズはシンキング。12cmクラスはフローティングもあるけど、リップ付きのミノーだし、こちらも水噛みが良さそう。

実はタイドミノーは持ってるんですが、たしかに巻くとちゃんと泳いでる感触が手に伝わってくるシーバスルアーです。

バイブレーション

この2種で風にラインが煽られて水面直下をミノーで引けないよ・・・

ってなったら、ミノーやシンキングペンシルの選択肢はなくなる。

ここまで荒れてしまっている場合は、バイブ一択。

巻かないでも泳ぐ
水噛みの強さが風によるラインの抵抗に勝てる
レンジキープがしやすい

この3つ条件が揃ったバイブなら、爆風時でも表層を通すことができて、ミノーやシンペンが使い物にならないシュチュエーションでもシーバスからのバイトを得ることができる。

やっぱ、爆風時はバイブレーションなんだ。

そして、ナイトゲームってことを考えると、「巻かないでも泳ぐ」ってのは大事な要素な気がする。

ここで紹介されてたのが、2つのバイブレーション。

ジャッカルの「ビックバッカー」

鉄板バイブなのだが、それがいい。
爆風時でも飛距離がだせる、ラインの煽りに負けない水噛み、そしてレンジキープ力。

なんどこのバイブに助けられた事があるかわからない。
秋の河川で釣りをする場合、一本でもボックスにいれておくと、本当に頼りになるルアーだ。

鉄板バイブは若干安めなのも嬉しい。

DUOの「タイドバイブスリム」

ミノーライクなシルエットながら32gという重量計バイブ。
ビックバッカーノ弱点である、フック絡みがほぼ無い。
さらにレンジ調整がしやすいのと、ジャーク時のアクションのキレがピカ一。

4525918037505
タイドバイブスリム

こういうミノーライクなバイブレーション好きです。

シーバスルアーって高いので、買ってから後悔したくない。どういう時に使えるのか理解してから買い物したいものです。

-釣り具, 釣り具-おすすめルアー
-

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.