続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

また東京湾奥、月島に行ってきた(シーバス3ヒット、1キャッチ、1バラシ、1キル)

   

また行ってきた。

久しぶりにオールナイト釣行したんで、生活リズムを1日で取り戻すことができません。

最後にシーバスをキャッチできて何よりだったんだけど、色々と消耗の激しい釣行となりました。

秋の東京湾奥。人多いな!明暗は大人気

今回は先日の釣行では回れなかったエリアを中心に、やってみた。

tukishimamap

赤線のエリアを歩いて回った。

なんだ?水樹奈々ロケ地って。聖地的な何か?テラス化されたちょっとした親水公園ぽい感じでしたが。

ルートは、地図の住吉神社付近からエントリーして、北の高速下で折り返し、南の佃大橋でフィニッシュ。

ポイント的にはテラス化された岸際をテクトロやトゥイッチ。

他には流れの合流点のヨレ。橋の明暗、橋脚のヨレであれこれやってみた。

基本的に、どこの橋下でも人を見かけた。到着時点で誰もいなくてもすぐに人が入ってきたりとかそんな感じ。

ちなみに岸際をやってる人は見かけなかった。

雨上がりだったので、水の色も前回とは違っていて、ちょっと濁っているようだった。

1バイト目 ヘビーシンキングミノーでピックアップバイト

21時頃釣行スタート。潮は中潮最終日。満潮が20時頃の下げ始め。

住吉神社からエントリーして、岸際をキャストしたり、テクトロしたりしながら、中央大橋方面へ。橋は先行者ありでちょうど1本上げて写真撮影してた。

そのまま隅田川と豊洲運河の分岐点が空いてたのでイン。

  
先端には既に凄い流れが当たってた。これ大潮とかどうなっちゃうの?

足元には複雑なヨレができまくってた。

フローティングの表層ミノーでは流れにされるがままって感じで泳いでる気がしないので、サーフヒラメ用に買ったヘビーシンキングミノーを沈めてから巻き上げるイメージで巻いてみた。

たしか、Jacksonのピンテールっていうミノー。

アップに投げてスローに巻いてもブルブル泳いでる感触。

ピックアップしようとロッドを立てた瞬間、足元のヨレの中からピックアップバイト!!

でもこれは、そのままジャンプ一発バレる。

足元はね。ラインの遊びが少ないし、合わせづらいしバレますよね。ルアーも重かったしね。テコの原理で針が外れやすいらしい。

でもやはり、このヨレの中か!ってことでもう一度沈めて巻き上げようと思ったら、足元で沈めすぎてピンテール根掛かりロスト。

結局、ここで1時間半ほど時間を費やしたけど、追加バイトは引き出せず。

行列がデキるほどの有名ポイントって話だったんだけど、人が来た気配はなかった。

2バイト目 永代橋でボイル打ち!からの茫然自失

またランガンの旅へ。

中央大橋では、またシーバスを釣っているのを見た。

対岸に渡ってみたら、また先日釣れた橋の下が空いてたんだけど、今日はこっち側は全然流れがない。

川の右岸左岸で流れ方がこんなに変わるとは。しかも日によって。

当然、流れがないからベイトもいないし、シーバスも釣れない。わかります。

そのまま、永代橋までスーサン岸際トゥイッチ異常なし。

隅田川を上流に進んでいくと徐々に流れが出てきて、ベイトも見かけるようになってきた。

タイミングが良かったようで、永代橋には誰もいない。

  
下流側をちょっとだけ打って、上流側へ。

永代橋は、キャスト範囲にライトがなくて、明暗が薄い感じだった。

しばらくやってたら、橋の真下、真っ暗な岸際でボイル!

立ち位置からは完全なダウンクロスになるけど、エリア10をサイドキャストで送り込む。

ダウンなんで速く引きすぎて暴れないようにゆっくり巻いてたら、ぐぐぐんっとバイト!

超いい引き。先日釣ったのより一回り大きそう。序盤からドラグがいい感じに出てる。

前回は焦って魚が元気なうちにタモ入れしてわちゃわちゃしてしまったので、慎重に長めのファイトをしてみる。

何回かのエラ洗いや足元の突っ込みを凌いで、後ろの公園のライトが当たる明るい場所でタモ入れしようと、立ち位置をずらして行ったら…

障害物にラインが引っかかる。外そうとした瞬間、シーバスが突っ込んでラインブレイク…。

IMG_2105.JPG
↑これに引っかかった。

呆然自失。

またナイスなサイズのシーバスをキルしてしまった後味の悪さ。

歴戦の勇者、エリア10のパールチャートバックを失ってしまった喪失感。

いや、ルアー取り付ける時に、だいぶボロボロになっていい味でてきたなぁ。今年はこれで20本くらい釣ったんだもんなぁ。あとで写真とろ。とか考えちゃったんですよね。

それなんて死亡フラグ…。

ムカつくのは完全に自分の不注意だったということだ…。

心ここにあらずでリーダーを結んだからか、次のキャストでエリア10の別カラーをリーダーすっぽ抜けでロスト。

そういえば、ちゃんと締め込んでなかったかも….。

ちなみに、その後リーダー結び直している時に、1本釣れてるのを目撃しました。

永代橋の奥は立ち入り禁止になっていたのだけど、そこからパトロールのおっちゃんに連れだされてきたおっさんが、そのまま橋脚の下流側に入ってすぐ。

最初っからそこでやればよかったのでは…?

通る度に釣れてる橋と割れるプラグ

永代橋から高速高架下まで行って折り返し。

この辺は以前通勤してた場所なので、ちょっと懐かしかった。

高架下は永代橋と逆でライトが明るすぎて、暗い部分が少ない。

ここまで来ると、流れの強い隅田川って感じ。下流にいい感じのヨレが出来てたけど不発。

そして、ここで橋脚にエアオグルを強打。ピックアップしたら中に水が浸水してた。

すっぽ抜けて狙いより10mくらい左に吹っ飛ばしてしまった…。

上流側には先行者がいた。

さらに追い越すように上流に歩いて行く人がいたので、ここで折り返し。

もう1時なんですけど…?皆元気ですね…。

途中はなんもなしなので、すっ飛ばして時間は午前3時頃。

佃大橋へ。さすがに誰もいなかった。

あ、折り返し通過中にまた中央大橋左岸側でシーバスが釣れてたのを目撃しました。

IMG_2103.JPG

ここどんだけ釣れるの…。

ちなみに、帰り際4時過ぎてもまだ人がいて、1本釣ってました。ここで目撃しただけで4本あがってたということか。

3バイト目 高速から折り返し佃大橋まで大移動

佃大橋到着。

橋の明暗は結構くっきり出来てた。

干潮まであと1時間を切ってたけど、流れはまだあった。

ルアーはエリア10EVOのパールチャートバック。

何投目だったか、10投以内だったと思う。

ラインメンションをしない、大きなU字で頂点が明暗に差し掛かった時に手元に魚信が。

ベイトに当たったような小さな感触だったけど、聞いてみたらぐぐぐっと!くってた。

3度目の正直でついにキャッチ成功。

ルアー丸飲み。

   

バイト時ラインにあまりテンションがかかってなかったから、吸い込めたってことなんでしょうなぁ。

時間かけてファイトして、外れるような気配はなかったけど、フックはカエシまで届かず甘く刺さってただけ。プライヤーで簡単に外れた。

リーダーはガサガサになってた。

IMG_2108.JPG

タモ枠60cmなんで、55upくらいですかね。

色々あったけど、釣れてよかった…。

この後は4時半くらいまでやって納竿。

朝マズメや、豊洲まで移動も考えたんだけど、体力がついていかなくて無理でした。

腰がいてぇ。

まとめ

釣れたのは良かったけど、消耗の激しい釣りだった。

殉職ルアー

ピンテール

エリア10×2

エアオグル

値段に換算したらいくら?数えたくない…。

なくし方がまたすべて自分の不注意っていうのがよろしくない。

あとポイントについて。

やっぱ、橋の明暗は鉄板ポイントですね。

さすがハイシーズンっていうレベルで釣れてた(のを見た)

逆に言うと、明暗はほんとに大人気で、すぐ人が入るので、タイミングとういう名の運で釣れる釣れないが決まってしまう。

それ以外のポイントでいかに釣るかが大事そうな気がする。

岸際とかやってる人いなかったけど、ほんとは釣れるんですよね?

インターネットにはそう書いてありました。

でもそういうとこやるには96の竿じゃ長すぎるなぁ。

もう1本ロッドがほすぃ。

 - シーバス-隅田川, シーバス釣行