続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

ロッドホルダー付きヒップバック-買ってよかった釣り用品を紹介するシリーズ

      2015/10/06

REAL METHODのヒップバックを使っています

REAL METHODというのは、釣具のポイントという釣具屋さんのプライベートブランドです。

このヒップバックは陸っぱりで釣りをする時は、バスでもナマズでもシーバスでもこれを使っています。

なんで、このヒップバックを買ったかというと、安いから。5,000円でお釣りが来ます。

そりゃあ、OSPとか、エバーグリーンのヒップバックの方が、高機能でデザインもいいんでしょうが、高すぎですよね。

どうも、性能とデザイン以上のプレミアムが乗っているような気がしてしまって、個人的には買う気がいたしません。

その点、REAL METHODのヒップバックは、値段相応の機能と作りになっていると思います。無駄にプレミアムがのっていない感じがとても良いです。ほんとに値段相応。むしろお値打ち。

これで、ヒップバックに求めていた機能は満たしてますので、満足してます。

絶対的な価値や機能で言ったらもっと良いものはあるんでしょうが、フェアバリューというか、価値に対して価格が釣り合っていると思えるか、価格のほうが安い、お値打ちだと感じられないと満足できないのですよね。

まぁ、もっと釣りにお金を掛けられるのであれば、OSPやエバーグリーンのを買うんですけどね。

ともかく、REAL METHODのヒップバックは買ってよかったと思います。

気に入ってる点

容量

いっぱい入ります。サイズは、LとMがありますが、僕はLを使っています。

詰め込むとかなり膨らむので、見た目以上に収納能力があります。そんなにパンパンに詰めて使いませんが、いざというときに助かるのと、余裕があるので物の取り出しがラクにできます。

開けやすい

メインファスナーが大きくて後ろ手でも開けやすいです。

腰に巻くベルトと肩掛けベルトがある

ヒップバックなんで当然腰に巻けるんですが、肩掛け用のベルトもあります。

僕はこれを同時に使っています。その方が2点で支持できるので疲れなくて良いです。腰にきつく巻かなくてもいいし。

1方向だけですが、正面に回して物を取り出すこともできます。

これだと、腰にきつく巻かないから、回した時に服がよじれにくい(直しやすい)です。

?ロッドホルダー

これが付いているヒップバックが欲しかったのです。

輪っかに通して、マジックテープで止めるような感じなんですが、バスロッドとナマズロッドであればホールド力、ロッドの姿勢に問題ありません。

ロッドホルダーにロッドを挿したまま、別のロッドで釣りができます。

9.6フィートのシーバスロッドだとさすがに前のほうが重くて、下がってきますが。

去年の夏、ナマズを探して原付きで走り回っていた時には、ロッドが2ピースだったので、リールを付けたまま折った状態でロッドベルトで固定して、ホルダーに挿して原付に乗ってました。

すばらしい安定感。走行中にホルダーが緩んだことは一度もありませんでした。(2ヶ月間週4くらいで使用)

値段相応だよなと思う点

デザイン

黒い。真っ黒。無難っちゃ無難だけど。

表面の素材感は、近くで見ると安っぽいというか、かっこよくはないです。

でも遠目で見たらわかんないし、そもそもだれも人のバックなんか注目していませんから特に気にしてません。

小さいポケットのファスナーは安っぽい

メインのファスナーは開け閉めしやすい大きめのファスナーですが、横や前についている小さなポケットのファスナーはしょぼいです。

個体差だと思いますが、僕が買ったバックでは、横のポケットのファスナーが1回目の開け閉めで死にました。(開け閉めできない)

自分の使い方的に、ファスナーを開けっ放しにしとくことが多いので全然気にならないのですが、ここは安いなりの品質だなぁと思いました。

まとめ

この値段で売っているロッドホルダー付きヒップバックを他に見たことがないです。

同じ価格帯の同機能の商品が他にないと思うので、予算に上限があってロッドホルダー付きヒップバックを買えない人は、即買推奨です。

同じ用途のお高い商品と比べると、タカミヤのヒップバックはお値打ち感を感じます。

お買い得な買い物が好きな人にもおすすめできます。

お金は多少掛けてもいいから、とにかくかっこよく釣りをしたいんだ!という人には合わないかもしれません。

また、細部にまでこだわったモノづくりに拘る人にもおすすめできないかもですね。しょぼい部分もありますので。

絶対に必要な部分だけにお金を投入したいという人におすすめのバックでございます。

 - 釣り具, 釣り具-タックルインプレッション(感想), 釣り具-フィッシングツール