続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

釣り方 釣り方-おすすめ管理釣り場

また行きたくなるおすすめトラウト管理釣り場ランキング

更新日:

f:id:h_kagawa:20150228141752j:plain

個人的おすすめ管理釣り場ランキングを作りました

?2014-2015年の冬釣りシーズンは、シーバスをメインにやっていて、例年より管釣りに行っていないんですが、ここ3年くらいは管釣りをメインにやっていました。

大人になってから釣りを再開してこれまでいろんな管理釣り場に行ってきましたので、また行きたい!何度行っても楽しい!と思う管理釣り場を紹介したいと思います。

第1位 東山湖フィッシングエリア


東山湖フィッシングエリア

好きな理由

  1. 広いので、隣との間隔を開けて釣りができる
  2. 放流量が半端無く、ちゃんと釣れる
  3. 数釣りも狙えるし、でかいのも釣れる
  4. イトウの存在感
  5. 数を伸ばためのゲーム性

放流量が半端無く、魚のストックが多いので、初心者でもそこそこ釣れると思います。

ですが、色々工夫することで、周りの人より多く釣ることが出来るゲーム性もあります。その日その時のパターンというものがあります。

放流魚を釣るのだって、沈む日もあれば浮いている日もあったり、それが時間帯によって変わったりするので、魚を探す楽しさもあります。

そして、数釣りができる管釣りは他にもありますが、その中にでかいのも交じるというのが東山の大きな魅力です。

幻の淡水魚イトウもちょくちょく放流してます。

↓シーバスタックルでイトウを狙った記事

トラウト管理釣り場 東山湖 シーバスルアーでイトウを狙う - 荒川へ釣りに行く-バス、シーバス、ナマズ、エリア、ソルトも

あと、広いのでゆっくり釣りをしたければ、人の少ないエリアに移動することができます。そういうところでもちゃんと釣れるのもいいですね。

東山湖おすすめルアー

ご当地ルアーと言われているのは、JACKALL(ティモン)の「Tearo」

特に、グリーンメタル的なカラーが鉄板カラーとされています。

ティモンってジャッカルに吸収されたんですかね?知らなかった..。

ボトム攻める系や縦釣り系もかなり効きます

岸からすぐのブレイクに魚が溜まっていることも多く、バベルなど縦の釣りもよくハマります。

ダーク系とオレンジグローなどグロー系をローテーションすると無限に釣れることも!

デジ巻でボトムを攻めるのも効果的です。

イトウ狙いのデカめなミノー

イトウ狙いのルアーとしては、イマカツのキラービルで釣れているのをよく見ます。

放流ポイントの近くに入れたら狙ってみるのもあり!

2位 裾野フィッシングパーク


すそのフィッシングパーク

好きな理由

  1. 魚のコンディションが抜群で、引きが強い
  2. 池の種類が豊富(クリア、ステイン、数釣り、色物)
  3. 足場や施設が整っている
  4. これぞ放流刈り!という体験ができる

3年くらい前に初めて行った時より、アベレージサイズが若干小さくなったような気がしますが、アベレージが40弱と大きい。アベレージ以上はなかなか釣れませんが、アベレージの魚のコンディションがめちゃくくちゃ良く、すごい引きます。

あまりに強くてルアーロストが多いのが玉に瑕なんですが、やっぱ強い魚と遊ぶのは楽しいです。

土日は放流があるんですが、教科書通りの放流刈りができて楽しいです。ガンガン食ってきます。強めのスプーンで放流魚の足を止めて数を伸ばすテクニックが楽しいです。

最近、池がひとつ増えたのですが、流水含めて4つのエリアがあってそれぞれ性格が違います。

クリアな上池の方が人気が若干あるみたいですが、魚が追っかけてくるのが見えるのはやはり楽しいですね。

裾野のおすすめルアー

ご当地ルアーはセニョールトルネード

裾野のご当地ルアーと言えば、セニョールトルネード!

スプーンをシカトするスレたトラウトが、狂ったようにチェイスしてくる様は圧巻です。笑えるくらい釣れることがありますので、絶対に持っていきましょう。

釣れない時間帯に助けてくれます。

カラーはオレンジやピンクなどアピール系と、ブラウンやオリーブなどナチュラル系の2本があると安心です。

特にアッピール系はゼッタイです!

3位 ベリーズ 沼田店


沼田?かしょうざん店 - フィッシングポイント ベリーズ

  1. でかいのが複数釣れる
  2. 色物の放流も多い
  3. 人が少ない

池はそんなに大きくないんですが、ここの魅力は何と言ってもサイズです。

人が少ないからかもしれませんが、でかいのが複数匹釣れることも多いです。

また、色物の放流もけっこうやっていて、悪い顔のトラウトが釣れます。

でかいのが釣れるんですが、数がでないわけでなく、1日通して楽しめるので好きです。

放流量にくらべて、お客さんが少なくいつも心配になるんですが、気持よく釣りができるので、いいですね。

沼田という結構な奥地にあるのがあれなんですが、行ったら毎回満足させてくれます。

あ、でかいというの具体的には、70cm以上のトラウト、ということです。ウェブサイトやフェイスブックに写真がアップされていると思うので、見てみてください。他の管理釣り場とはレベルが違います。

まとめ

東山も裾野も有名なので、行ったことがある人は多いと思います。まだ行ったことのない人は人生の半分を損していますので、来週にでも行くことをおすすめします。

ベリーズはいつもお客さんが少なくて心配なので、行ったことのない人はぜひ行ってみて下さい。通年やってますので(夏は若干厳しい戦いになるかもしれませんので、雪が溶ける4月ごろがおすすめです。)

-釣り方, 釣り方-おすすめ管理釣り場

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.