続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

荒川のバチ抜けはこれからだ(バチ、湧く)

      2015/07/06

f:id:h_kagawa:20150223140341j:plain

これが本当のバチ抜けだ

2月21日 土曜 後中潮1日目 満潮19:00 16:00~22:00

この日、本当のバチ抜けというものを体験しました。

これまで、ぽつぽつとバチが抜けているのを目撃はしてましたが、今までとはレベルが違いましたね。

マズメ時は支流をチェック

まだ明るい16時ごろから、現場へ。最初普段はやらない荒川支流の方に入りました。

案の定というかまだベイトは見当たらず。念のため、流れがよれているところ、橋脚を攻めてみましたが、釣れませんでした。

1回何かを掛けましたが、たぶん鯉か何かのスレだと思われます。

暗くなってから荒川本流へ。バチ抜け本番

まぁまぁ風が吹いていて、水面は波立っていて、ライズやボイルは見当たらず。

やがて満潮を迎えて、流れが出始めた20:00過ぎに奴らは湧いてきました。

エリア10をゆっくり引いていると、妙に重くなる感覚が…

ルアーを見てみると、バチがごっそり。

?f:id:h_kagawa:20150223140052j:plain

岸際をライトで照らすと、その範囲だけでも10匹はバチが見えます。

手前に投げても、沖に投げても、房になってバチが引っかかってきました。

正直グロいっす。でも今までとはレベルが違う抜け方です。

流れがトロくなっているところで…

川が蛇行してワンド状になっているところの終わり付近で、少し流れがトロくなっているポイントへ。

そこには、バチを捕食しているであろう魚が水面付近で、もじっている姿がありました。しかも複数匹はいる感じ。

たぶん鯉だろうと思うも、もしシーバスだったら…と、ルアーを通すと

ガツン!ぎゅいーーーーん

はい。メーター級の鯉がスレ掛かりました。

そこから20分くらい格闘の末、運良くルアーが外れてくれて、回収することができました。

Mパワーのバットと言っても、荒川の巨鯉は寄ってきません。レンギョは割りとスタミナがすぐ切れるイメージですが、鯉のスタミナは半端ないですね。まじで。

バチの時合は短い

巨鯉と格闘している間に、ほとんどバチはいなくなっていました。

たまに岸際に居残っているやつはいましたが、ルアーに引っかかることはありませんでした。

バチが抜けていた時間は1時間くらい?もっと短かったかも知れません。

バチパターンで釣る場合は、いなくなってからしばらく通用するようですが、バチ自体はほんとに一瞬で湧いて出て、流れ去って行くんですね。

釣れなかったけど、これはこれで面白かったです。

これだけ湧けば、バチパターンの釣りも成立しそうな気がしました。

 - シーバス-荒川, シーバス釣行