続・荒川へ釣りに行く

荒川が流れる街から釣りに出かける。釣り物はシーバスソルト全般、バスナマズ、オフショアなど。インプレや初心者向け情報も。

ソルトルアーフィッシング-佐渡ヶ島 ソルトルアーフィッシング釣行

佐渡ヶ島釣行1日目 到着早々に雨でも最後は漁港でアジゲット!

更新日:

初夏の佐渡ヶ島釣行振り返り~1日目

出発前のゴタゴタを片付けていたらブログを更新できませんでしたが、ようやくなかなかタフだった今回の遠征を振り返ってみようと思います。

宿泊は素泊りのコテージなので、食材は現地調達が必死。一応スーパーは近くにありましたが、タンパク源は釣った魚の予定。釣れないと死にます。

高速バスで新潟万代港へ

23時に新宿を出発する高速バスに乗るために、2時間以上前に地元を出発!

普段なら、歩く時間を含めても1時間かからない程度の道のりも、大量の荷物を抱えての移動でえらい時間がかかる。

これは、思い出したくないくらい疲れました。。新宿人多いし。。

荷物は、60cmのクーラーボックスとバッカン2個をキャリアーに括りつけ、ロッド6本をロケットに入れて持って行きました。

それと、着替えなどの通常の荷物。ちょっと荷物多すぎたかも。

高速バスはウィラー高速バスを使いました。

高速バス業界では有名らしく、たまにテレビでも特集されてるようです。

WILLER TRAVEL

各座席にモニターが付いていてテレビや映画が見られるようになっていて、なかなか快適でした。

なにより新潟まで往復7,800円。安い!

フェリーに乗っていざ、佐渡ヶ島へ!

新潟万代港から、佐渡ヶ島行きのフェリーが出ています。

フェリーには2種類あって、車を載せられる大型のカーフェリーと、高速なジェットフォイルがあります。

ジェットフォイルで1時間、カーフェリーで2時間半かかります。案外遠い。

今回は、午前中に釣りをする時間を確保するために、行きはジェットフォイルにしました。

これで移動時間は半分に!値段は倍以上しますけれどね。

佐渡ヶ島到着。きれいな海!今にも降りそうな空!

午前9時、佐渡ヶ島へ到着。新潟港にくらべても明らかに海が綺麗。でも天気が怪しい。

半日は原付きで野池をめぐるプランもあったのだけど、雨が降り出す前にすぐにレンタカーを借りて、海へGO。

一応、天気予報では昼ごろまでちょろっと降って、午後は晴れということだったんですが。。

両津港で釣りをしたかったんですが、どこが釣り可能エリアなのか分からず、去年いった近くのサーフ&波止で竿を出しました。

砂浜に写真のような波止が突き出しているポイント。

メタルジグでフラットフィッシュ&青物、ジグヘッドでアジ狙い。

普段しゃくる釣りをしないので、ジグの扱いに苦戦しながら、休憩がてらにライトリグを投げると、アタリ多数!ちぎれるワーム!

これは。。

フグ!!

ワームめっちゃ噛られました。

しばらくして雨がポツポツ降ってきます。12時位までは弱い雨が降ったりやんだりだったんですが、次第に本降りに。

天気予報を見なおしてみたら、1日雨になっとるし。。。気温も結構低かったので、ここで撤退。

メタルジグで、サッパ×2

ジグヘッドで、フグ

が釣れました。食えねーー。

写真のサッパを海に返した直後、背後から鳶が飛んできて、サッパをさらっていきました。

間近でみた鳶はすげー大きかったです。

サッパが着水した瞬間に、ばっさぁってきました。

時を同じくして、遠くのほうでナブラが発生。ギリギリ届かなかったけど。

よく分からなかったけど、イナダ?

ナブラにはテンション上がりました!

野池でバス爆釣の予定が。。

雨の様子を見ながら、今度はバス狙いで野池探索。

バスはほんとにイージーに釣れた記憶しかないので、すごく期待してたんですが。。

去年爆釣した野池に行ってみると、水が半分くらいなくなっている。

そうか、田植えの時期か。。

秋は岸際に見えバスたくさんいたのに、池に生命感がない。

ちょっと投げてみましたが、魚が生息している範囲にルアーが届いていない模様。

じゃあ、水路のナマズを。と思いきや、佐渡の田んぼは水路方式ではなくポンプでの組み上げのようで、水路がない。。

川の水も干上がってるしで、淡水魚オワタ/(^o^)\

コテージで仮眠

1時間かけてコテージへ移動。

バスで眠りが浅かったのもあって、夕方までお昼寝。

(中の写真撮り忘れました)

二人で1棟1泊10,000円だったのですが、なかなか綺麗な小屋でした。

ジャグジーやプールも付いていて、頼めば使わせてくれるみたいです。

佐渡ヶ島 目の前が海 プールとジャグジー 一戸建てタイプコテージ ペットもOK 佐渡シーサイドヴィラ Enjoyシーサイドヴィラ

コテージ前のサーフでフラットフィッシュ

夕まずめ前に起床。

雨は上がってましたが、風が出てきました。

夜は近くの漁港でアジを釣ろうと思うので、夕まずめ前にコテージ前のサーフをチェック。

写真の側は岩のある方。反対むくと完全なる砂浜。沖にテトラが入ってました。

1時間くらいランガンしてみましたが、流れ海藻が多すぎて釣りにならず。。

そして、砂浜を歩いて体力を消耗。こりゃあトレーニングになるわ。

小木漁港でナイトアジング

スーパーで米や野菜などを調達してから、漁港へ!

佐渡に3つあるフェリー乗り場になってる漁港の1つ。小木漁港がコテージ最寄りの漁港でした。

足場が良くて釣りはしやすい。

今日はここでナイトアジング!

まぁ、アジとロックフィッシュを釣り分けるテクニックはないんですが。。

ここまでの流れ的に釣れるのか不安になりながらも、漁港の中でジグヘッドをシャクってフォール!シャクってフォール!

フォールさせて着底を確認して、再度シャクったところで、ゴン!!

30弱のアジ!

ブルブルっと震えながら走る感じというか、普段釣り慣れてない引きでした。

ちょうど日が陰り始めた夕まずめ。

その後、アタリは何回かありましたが、20くらいのアジ1本追加。

同行の友人もアタリはあったようでしたが、メバル1本で、夜に。

夜になると同じ釣り方では釣れなくなり、初日ということもあって、9時位であがりました。

常夜灯まわりには豆アジ的な小さいのがたくさん湧いてましたが、意外に釣るのが難しい。。

そしてなにより、寒かった。。

1日目の食事!

夕方出発前にセットした炊飯器から米よそいーの、

アジを三枚におろしーの、

メバル焼きーのしようと思ったら、トラブル発生!

ガスが不調でコンロが使えず。。

おかずはアジの刺身だけになりました。

刺し身はなかなか美味かったです!(食べる前の写真撮り忘れた)

欲を言えば、もうちょっと大きいアジを刺し身にしたかった...!!

佐渡釣行1日目のまとめ

全日程通しての言えることでしたが、ソルトルアーフィッシングの経験不足を感じました。

予定してた漁港で釣りができないとか、天気が悪いとか、状況の変化に対応できなかった。。

あと、野池が死んでたのも予想外だったなぁ。海で釣れなくてもバスなら鉄板と思ってたんですが。

釣具屋さんでもっと情報収集すればよかったとも思います。

朝一はまだ開いてなくて、昼寝して行ってみたらもう閉まってました><

念願だったライトショアジギングができたのは楽しかった!ナブラも直接は届かなかったけど、目の前で起きてたし、期待感は常にありました。

アジングは楽しい!!ジャークした時にガツンとくるのも、フォール中にココンとアタリがあるのも、くせになります!

2日目に続く!

おすすめ記事一覧

1

ヤフーショッピングのポイントの使い道に迷ってます。 第一候補は防寒用のアンダーウェア。 最近は、色んな素材で高機能なモノが販売されていて何を買えば良いのか分からなくて困りますね。 いいやつは結構な値段 ...

2

おかっぱりで釣りをする時にネットを持っていくことのデメリットは片手が塞がってしまうこと。 肩がけにしたってキャストするときには地面において、移動する時に背負い直してとかやってると非常にめんどくさい。 ...

3

新しいジャンルの釣りを始める時に困るのが、 『どんなルアーメーカーがあって、代表的なルアーは何で、釣具屋行っても何買えばいいか分からないこと。』 今ではシーバスもそこそこ詳しくなりましたが、最初は何が ...

4

バス釣りはデイゲームがメインですが、シーバス・ナマズ・アジにメバルなどライトルアーのターゲットはナイトゲームの方が釣れると言われている魚が多くいます。 これらの魚を釣りたい人にはこの記事が役に立つので ...

-ソルトルアーフィッシング-佐渡ヶ島, ソルトルアーフィッシング釣行

Copyright© 続・荒川へ釣りに行く , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.