続・荒川へ釣りに行く

釣行記や釣りに関する話題をお届けします。シーバスとナマズ、バス釣りがメインでたまにソルトも。

長潮干潮の荒川支流、痛恨の抜きあげ時バラシ

      2015/07/06

ゴールデンウィークも終わって、各地で大河川の支流にもシーバスが入ってきているようですね。

埼玉南部なら、新河岸川や芝川などの支流があります。

川幅は9.6フィートのシーバスロッドで、エリア10をフルキャストして対岸に届くくらい。

夏になると、ボイル祭りが始まることもあるようですが、それは未だ見たことがありません。

最近よく行く支流の橋脚下へ、1週間ぶりに入る。ゴールデンウィークの初日に来てから、4回目くらいだけどバラシを含めるとヒット率100%なポイント。

仕事関係の資格試験のため、勉強しなくてはいけなかったので、さくっと1本釣って帰る作戦。1投目で釣れることが多いし余裕でしょう。

明暗の外側からエリア10をドリフトさせてゆく。

さすがに長潮の干潮間際ということで、流れが弱い。。

これは、ダメか… …?

30分くらいかけて薄い明暗を通した後、橋の袂の濃い明暗をゆっくり通してたら、やっぱりいた。

あわせた直後から激しいエラ洗い。

簡単に寄ってきた割には、足元で結構ねばる。

ライトを付けて、サイズを確認。50は超えてそう。

ロッドで抜き上げられるのか…?

ちょっと不安を感じたので、リーダーをもって抜き上げようとしたら、空中でポロり。

干潮でいつもより足場が高くなってることを考慮して、ネットを使うべきだったか…。

結局、2時間くらい粘ってしまって、勉強はできませんでした。

相変わらず、1本しか出せない…。

 - シーバス-荒川支流, シーバス釣行